Fitness & Sports

たくさんあってわからない! あなたにぴったりのヨガの選び方ver.2 〜運動系〜

「ヨガを始めたいけど、種類がたくさんあるからどれがいいの?」とか、
「よくわからないままにレッスンに参加してみたら想像以上にキツくて、ヨガは自分に合ってないかも⁉」なんて思う前に、ヨガの種類とその特徴をつかんで、自分の目的に合ったものを選びましょう!

いったい何でこんなにヨガの種類が増えたの?

ヨガの誕生は、4500年ほど前のインダス文明時代まで遡ります。そのころのヨガは瞑想が中心のもので、ヨガの悟りや高みに達するのが難しいものでした。そのため、次第にポーズや呼吸法などが開発されていったのが、ことの始まりなんだとか。そこから今までに増え続け、その数はなんと何百、何千なんていうほど種類があるんです。

そんなにあったら、何がなんだかわかりませんよね。

そこで、初めてヨガのレッスンを受ける人も、何度も受けているけれど、他の種類も興味ある! っていう人も、自分にぴったりのヨガを選べるように、代表的なものを説明していきたいと思います。

今回は運動量の多い運動系ヨガの5つをご紹介!

汗をたくさんかいてスッキリ! 運動系ヨガ

部屋の室温温度を上げて新陳代謝を促すヨガや、運動量が多く体をたくさん動かす運動系のヨガ。汗をたくさんかいて「運動した!」っていうスッキリ感も得られ血流もよくなるから、普段から体を動かすことが好きな人に向いています。
※汗かき度が高いほど、汗をたくさんかきます。

【ホットヨガ】汗かき度6
締め切った室内で、加湿器やストーブなどをつけて高温多湿のスタジオでやるヨガ。汗を大量にかくのでデトックス効果あり。また、体を温め血液循環をよくするので血行改善にも役立つ。

【アクロヨガ】汗かき度5
アメリカ西海岸で生まれたアクロバットの要素を取り入れたヨガ。基本的にベースになる人(下になる人)、フライヤー(上になる人)、スポッター(サポートする人)と3つのポジションがあり2〜3人一組で行う。

【パワーヨガ】汗かき度4
世界的なヨガブームの起爆剤となったパワーヨガ。呼吸に合わせてさまざまなポーズを流れるように連続して行うのが特徴。筋力を強化し、脂肪を燃焼。ダイエットやボディメイクにも効果を発揮します。

【アイアンガーヨガ】汗かき度3
ポーズの形を正しく取ることを重視したヨガ。ヨガマットやブロック、ベルトなどのプロップスを使い、一つひとつのポーズに丁寧に向き合い、体のバランスを整えていく。また、アーサナ(ポーズ)をキープする時間が長め。

【ヴィンヤサヨガ】汗かき度2〜6
体質改善系で説明したアシュタンガヨガから派生。呼吸と動作を連動し、アシュタンガヨガより自由なスタイルのヨガ。流れるようにポーズを取っていくことが特徴。ダイナミックな動きで運動量は多い。

体を動かすことが好きな方は、ぜひチャレンジしてもらいたい運動系ヨガ。季節も暖かくなり、薄着になる前に脂肪を燃焼しておきたいですね!

次の「たくさんあってわからない! あなたにぴったりのヨガの選び方ver.3」では、体と心のバランスが取れる精神安定系ヨガ6つをご紹介します。

 

ライター:北川彩
出展:『Yogini』vol.40「はじめてのヨガ」
監修:綿本哲/父に綿本昇氏、弟に彰氏がいる。ヨガイベントプロデューサー

 

参考
たくさんあってわからない! あなたにぴったりのヨガの選び方ver.1

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE