Fitness & Sports

肩コリ撃退! お昼休みに試したい、ちょこっとエクササイズ

その肩こり放っておいたら大病につながるかも⁉

デスクワークが多いと、気がついたら肩も背中もバキバキ! それが原因で頭痛がしたり、ひどいと四十肩五十肩の原因になってしまうかも⁉

ちなみにその肩コリは、肩甲骨と密接な関係があります。
コリを感じる筋肉は、肩や首を支えている筋肉(僧帽筋〈そうぼうきん〉など)なのですが、その深い位置にある菱形筋〈りょうけいきん〉というところがコリかたまると、肩甲骨の可動域が狭まり、腰痛や呼吸器系の病気も発症する恐れもでてくるのです。

また、女性らしい体作りにも肩甲骨は大切なポイント。肩まわりの筋肉を軟らかくしておかないと、正しい姿勢も身につかないし、肩甲骨の可動域が狭まるとトレーニング効果も激減してしまいます。

手遅れになる前に、日々ちょっとずつコリをほぐしたほうがベター!

ベルトやタオルを使ったパパッと運動を実践

1:ストラップやタオル、ヒモなどを両手に持ちます。両腕を頭上に伸ばし、ストラップをピンと張った状態のまま左右に体を倒します。肋骨と肋骨の間を広げワキが伸びていることをイメージ!

2:1と同じくストラップなどを両手に持ち、両腕を頭上に伸ばしてスタンバイ。この時、ワキや肩に違和感がないように持つヒモの長さを調整。そのままヒモが緩まないようにゆっくり背中側に下ろしていく。途中で止めてキープ!

3:ストラップや紐を肩幅の長さにして結び輪にする。手首にかけて頭上に伸ばす。ヒザを曲げて右に重心を移動しつつ、体を右に倒していく。そのまま重心を移動しながら体をぐるりと回旋させる。

1と2は座席に座ったままでもできます。立っていても座っていても、背筋を伸ばした正しい姿勢を心がけてください。

【道具を買ってみるとモチベーションも上がります】
ヒモやタオルでもできますが、ヨガストラップ、ヨガベルトと呼ばれる道具などを用いてもOK。エクササイズに使うだけでなく、苦手なポーズの練習時に役立ちます。ヨガマットのキャリーストラップになったりするものもあるので、興味があればチェックしてみてください。

ヨガ用具を買えるオンラインショップ

ヨガワークス
https://www.yogaworks.jp

イージーヨガ
https://www.easyogashop.jp/TOP

テジャス
http://www.e-tejas.com

 

ライター:北川彩
出展『Yogini』vol.44「新・用具通信」
監修:原田優子/フィジカルナビゲーター、アロマセラピスト

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE