Fitness & Sports

ヨガをしているのに全く痩せないトレ女!ちゃんと呼吸、してる?

ヨガは痩せるのか否か?

ヨガを始めたのに一向に変化が見られず、疑問を抱いている人も多いのでは?
答えはシンプルです。「痩せます」。そして、それ以上に、体の内側から輝くような美しさを手に入れることも期待できます。

なぜなら、ヨガは呼吸を深めながら行うため、有酸素運動の効果が高く、体脂肪が消費されやすくなるから。加えて、各パーツに効くポーズを取ることで、筋肉を刺激する、無酸素運動の効果も兼ね備えているんです。インナーマッスルとアウターマッスルがバランスよく鍛えられ、女性らしい、しなやかなボディラインに近づけるというわけ。
また、意識的に吐く息を長くすることで、毛細血管が広がり、内臓や体の末端まで血液が流れていき、美容においてもプラスの効果が得られます。

では、痩せない理由って?

ヨガを続けているのに痩せないとしたら?もしかすると、呼吸がまだまだ浅いのかもしれません。特に現代人は、浅い口呼吸になりがちで、思いのほか深呼吸が出来ていないんです。
新鮮な酸素を取り込むことで、免疫力アップ、疲れの解消、代謝の向上にも役立つのです。

ヨガは基本、腹式呼吸。お腹を風船のように大きく膨らませて、凹ませる、をきちんと意識して、痩せやすい体を目指しましょう。

呼吸を意識しながら、ねじった三角のポーズ(パリヴルッタ・トリコナーサナ)

1.まずは、両足をそろえて立ち、腰幅3倍に足を開きましょう。

2.カカトを軸にして、右の爪先を右に90度、左の爪先を少し内側に動かします。骨盤を正面に向け、息を吸いながら手を真横に伸ばしましょう。

3.上半身を右にねじってから、左手を右ヒザにセット。吐きながら、左手を床のほうへ滑らせていき、足首のあたりを持ちます。できる人は、足の外側の床に手を着きましょう。右手は垂直に伸ばし、腰を十分に開いて目線は右手の指先。その姿勢でゆったり呼吸しながら、しばらくキープ。

4.脚を入れ替えて、反対側も同様に行いましょう。

どうでしたか?呼吸を意識してねじると、ポーズの深まりを感じられたのでは?ぜひ、これからもたっぷりと呼吸をして、ヨガの効果を最大限に引き出していきましょう。

 

ライター:深谷祥子
出典:『ヨガのポーズが丸ごとわかる本』/「内側からキュッと引き締める!」

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE