Fitness & Sports

おすすめヨガマット・初心者でも失敗しない選び方

ヨガマットの選び方

ヨガを始めて「そろそろ自分用のヨガマットが欲しい!」と思っている人も多いでしょう。ヨガ人口が増えた最近では、素材や厚さ、カラー、柄など、実にバラエティーに富んだヨガマットがありますね。単に選ぶだけなら簡単ですが、ヨガは継続することに意味があります。そのために寄り添い、力になってくれるマットを選ぶことがポイント。では、実際に、どんな選び方をすれば良いのでしょうか?

1.マットの厚さ、クッション性で決めよう

マットの上でどれくらい動くのか?まずはシンプルに考えてみましょう。ゆったりとストレッチをするのか、それともパワー系や筋トレも加えて激しく動くのか。マットの厚みは、衝撃を吸収する役割があるので、運動のパフォーマンスを上げるために、とても重要な要素になります。

一般的なヨガやストレッチが中心の人には、3〜6mmがおすすめ。ヨガインストラクターの多くも、最初の1枚は6mmの軽量タイプを選んでいます。10mm〜15mmの厚めのマットは、ピラティスやパワー系ヨガをする人に人気です。また、ジャンプをしたり、ダンベルを持ちながら筋トレする人にも、クッション性が高い厚みは役立ちますね。その他、リトリートや出張先でヨガを楽しむヨガトラベラーには、1mmの極薄マットもあります。ヨガマットは持ち運ぶと意外にかさばるので、コンパクトに折りたためる薄さは魅力的です。

2.素材の特性で決めよう

マットの素材にもいくつか種類があります。

・PVC(ポリ塩化ビニール)
最近はPVC素材が主流です。耐久性に優れ、裏面が安定しているため、インストラクターにも人気。同じPVC素材でも、触り心地やグリップ力は異なり、価格帯もさまざまなので、実際に店頭で触ってみることをおすすめします。

・天然ゴム
天然素材は、オーガニック派に人気。土を感じるテクスチャー、重量感のあるグリップで滑りづらい特徴があります。ただし、ラテックスアレルギーの人は注意が必要です。

・PU(ポリウレタン)
じわじわと人気が出てきているのがPU。つるっとした触り心地で水分を吸収する性質があり汗をかいても滑りにくいのが特徴です。

・TPE(サーモ・プラスチック・エラストーマ)
高いクッション性とグリップ力が人気です。

3.カラーで決めよう

マットの上では、心地良い時間を過ごしたいですよね。となれば、自分が上がるカラー、落ち着くカラーも判断材料に。あるいは、色による効能を用いて、なりたい自分になるのも手かもしれません。

●心身に働きかける色の効果●
【紫】精神性が高まり、深い瞑想に導く色。
【ピンク】女性ホルモンの分泌が活性化。エストロゲン、ドーパミンなどの幸せホルモンが促され、アンチエイジング効果も。
【赤】交感神経を刺激し、やる気を促す色。心拍数を上げ、脂肪の燃焼を助けてくれます。
【オレンジ】楽しく元気な気分になる色。消化を促進して胃腸を整える効果も。
【黄】脳を活性化して記憶力を上げ、コアを意識させる色。新陳代謝アップ、便秘にもよいとされています。
【緑】マルチな免疫力をアップ。睡眠不足や眼精疲労、筋肉の緊張をほぐし、疲れた体を癒す色。
【青】自律神経系に働きかけ、落ち着かせる色。呼吸を深くし、ストレスを和らげる効果も。
【茶】大地のような温もりや安心感、安定感をもたらす色。精神統一しやすい作用も。

 

4.身長も関係する?

ヨガマットの長さは、さほどバリエーションはなく、大抵が175㎝〜185㎝程度で作られています。極端に背の高い男性は、もう少し長めのヨガマットをチェックしてみてもいいでしょう。ただ、その分重さも比例しますので注意が必要です。

ヨガマットはこんなところで買える

ヨガワークス(A):https://www.yogaworks.jp/

イージーヨガジャパン(B) :http://www.easyoga.jp

スリア(C):http://online.suria.jp

東京ヨガウェア2.0 http://www.tokyo-yogawear.jp

 

お気に入りの1本を見つけて、ヨガライフを楽しんでくださいね。

 

ライター:深谷祥子
出展『Yogini』vol.57ヨガマットについて知っておくべきアレコレ
監修:伊澤加菜子(ヨガワークス ブランドマネージャー)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE