Fitness & Sports

電車の中でできるウエスト痩せのヨガで、いつの間にか美ボディ女子

移動時間を利用して疲れを取る

平日は仕事があるからなかなかヨガできない…とお悩みのあなた。外回りの仕事中や、帰宅中の電車の中でもできるヨガがありますよ。呼吸をしながら腹筋を使って足を浮かせれば、それだけで立派なヨガ!ウエストのシェイプアップ効果も期待できて、疲れを取ることもできる簡略ポーズを紹介しましょう。

◇カカト上げでウエストシェイプ
イスに腰かけて足先は床に着けたまま、腹筋を使ってカカトだけを引き上げる。手はヒザの上で軽く上を向けて。そのまま自然呼吸でキープする。

◇ヒザ持ち上げで下腹引き締め
イスに腰かけて足全体を、床から5cm以上上げる。足裏が床と水平になるように腹筋で支えて。呼吸を止めないように、自然呼吸でキープ。

一日の終わりに下半身の血流アップ

その日の疲れはその日のうちにリセットしましょう。夜はそのための時間帯。帰宅後、疲れてバタンと寝てしまいたい時でも、下半身をほぐすポーズをぜひ試してみて!

昼間の生活では血行が悪くなりがち。特に下半身の血液は重力に逆らって心臓まで戻りにくく、血液が滞ってしまいがちです。血行がよくなることによって、足の臭いや水虫の予防になるというメリットもあります。血行改善のヨガはこちら。

◇サギのポーズ
1:両脚を前に伸ばして座った姿勢からスタート。脚と上体は直角になるように座る。視線は正面に向け、遠くを見るように。自然呼吸。

2:左のヒザを立てて、脚をお尻のほうへ近づける。近づけた脚の土踏まずに両手をかけて指を組む。

3:息を吐きながら、両手で持った脚を、ヒザを伸ばしつつ上げていく。脚を最も高く上げた位置で約15秒キープ。腰から背中にかけてまっすぐ伸ばす。視線はやや斜め上に。右脚も同じように行う。

どうしてもすぐ寝たい時には、足首回しだけでもやっておきましょう。両脚を伸ばして座り、片脚を反対のヒザの上にのせて、足首をゆっくりと回します。左右10〜20回ずつ。

これなら疲れていてもできそうではありませんか?

取り組んでおけば、血液がスムーズに心臓に戻ることができるようになり、眠っている間に、体が自然にリセットされます。きっと翌日の朝の目覚めが違いますよ〜。

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.4/「お仕事日のヨガ的過ごし方」
監修:友永淳子/友永ヨーガ学院院長。渡印・渡米によりヨーガ指導を学び、1978年に同学院を創立。インド・リシケシ、シバナンダ・アシュラムで修行し、プチ断食など体内をリセットするための生活指導なども行っている。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE