Fitness & Sports

【知っておくと役に立つ】ランチ後、眠落ちする前にこのポーズで対策!

2019/01/09

ランチの後に眠くなったらしたいこと

午後、食事をした後は眠くなるという人も多いと思いますが、その原因は消化が滞っているため。5分くらい仮眠できればベストですが、難しければ、ほんの数分、仕事の手を休めてヨガタイムを作りましょう。

消化をコントロールする副交感神経の働きが高まり、消化力も高まります。その結果、仕事の能率もアップするはずです!

今回は働き女子がオフィスでできる、午後からも頑張るためのポーズを紹介します。

◇ 寝落ちまで3分!?その前にひとポーズ

【ねじり】
消化を助け、眠気を吹き飛ばすポーズ。椅子に腰かけて行います。
息を吐きながら両手を軸にして体をひねり、そのまま20秒キープ。いったん正面に戻って反対側も同様に。左右2回ずつ。

【ワキ伸ばし】
こちらも椅子に腰かけたままできるポーズ。
息を吸いながら片手を上げ、吐きながら体を、上げた手と反対側に横に傾ける。ワキが気持ちよく伸びるのを感じて。続いて息を吸いながら体と手を戻し、吐きながら手を下ろす。反対側も同様に。左右各2回ずつ。

【片脚立ち】
電話中や立ち仕事の時にできるポーズ。片脚をもう片方の脚にかけ、そのままキープ。集中力を高めると同時に、下半身のシェイプアップにも!

自分を取り戻すための呼吸法

上司に叱られたり、仕事で嫌なことがあったり…。自分を取り戻したい時にぴったりの呼吸法がこちら。「蜂の音の呼吸」と呼ばれる呼吸法です。

◇ブラーマリ呼吸法
人さし指で両耳をふさぎ、外の音を遮断。低く小さな声で「んー」とハミングしながら、息をゆっくりと吐きます。自分の声が頭蓋骨に響いている状態に集中するうちに、取り乱した自分を忘れ、本来の自分のペースを取り戻せるはずです。

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.4/「お仕事の日のヨガ的過ごし方」
監修:友永淳子/友永ヨーガ学院院長。渡印・渡米によりヨーガ指導を学び、1978年に同学院を創立。インド・リシケシ/シバナンダ・アシュラムで修行し、プチ断食など体内をリセットするための生活指導なども行っている。

RECOMMEND