Fitness & Sports

おばさんの象徴?「眉間の縦ジワ」は体内デトックスでケア

自分の顔を鏡や写真で見た時、ニッコリと笑顔になっているにもかかわらず、眉間に深く刻まれた縦ジワ…。まるで神経質だったり、悩み事を抱えているように見えてしまうこのシワを作る原因は、もしかしたら悩み事ではなくて、内臓の不調かもしれません…。

最近、代謝が悪いとか、冷えがある、腰が痛い、肩が凝るなど不調があるなら、体の内側の活性化を促すポーズを行ってみましょう。日々続けているうちに、全身の毒素が抜けていき、調子もよくなって、眉間のシワも薄くなっていくでしょう。

それでも、シワがなくならなかったら?悩み事だけでなく、日差しが強すぎてしかめ面になっていないかなど、日常生活を確認してみて。

肝臓にアプローチするポーズ

肝臓の不調があり、デトックスできていないと、眉間のシワの原因になります。そこで、今回は肝臓につながり経絡「肝経」に利く陰ヨガ「片足開脚のポーズ」を紹介します。

肝経が通っているのは、上半身の側面。ワキ腹をしっかり伸ばしましょう。上半身を前に倒さないように注意しながら、ワキから腰にかけて、ゆっくりストレッチ。

1:両脚のヒザを伸ばして開脚します。
2:右脚のヒザを曲げ、カカトを太もも内側につけます。
3:背筋をまっすぐにし、右手を頭上に伸ばします。
4:右の体側を伸ばすようにして、上体を左側へ倒します。
5:ゆっくり呼吸を繰り返し、3〜10分ほどポーズをキープ。

酸っぱいものを食べよう

消化・吸収に加え、解毒の働きもある肝臓は、疲労しやすい臓器。梅干しなど酸味のある食品を積極的に取り、疲れを取りましょう。

加齢による顔のシワも気になるけど、体の不調サインで見られるシワも要注意。しっかり体調を整えるセルフケアで、内側も外側もいつまでも美しくありましょう。

ライター: 安藤けいこ
出典: Yogini vol.19 「kama kaya kara 美しくなるために」
監修: 中里貴子/ アンダー・ザ・ライトヨガスクールにて陰ヨガの一般クラス・TTを担当する他、仙川ヨーガスタジオではタイヨガボディワークのセラピスト、リストラティブヨガの講師も務める。

RECOMMEND