Fitness & Sports

胸とお尻がかっこよく見える 細いウエストを今から間に合わせる!

水着の似合うカラダ作りのために

トレーニングの成果を上げるのに大切なのは「やる気」と「効率のいいトレーニングの方法を覚えること」。タイミングは朝がオススメです。筋肉を刺激して代謝を上げ、その体内の活発な動きを生かして一日を始めると効率的だからです。

夜やる場合は、入浴前に動きましょう。トレーニング後、ゆっくり入浴して体を休めてから就寝するのがベターです。

夏の海でトレーニングの成果を見せるために、残された時間はあと少し!今からでも遅くありません。すぐに取り組めて、シンプルで、ウエストラインに効くトレーニングを紹介します。

腰まわりを引き締めるためには、下半身をしっかり動かすことが大切。このトレーニングで脚を上下させるのに使うのは、お腹の筋肉。脚の重さをしっかりと受け止めて、お腹で足を動かしているような意識で取り組みましょう。

基本は2姿勢で構成されていますが、慣れてきたらAdvance ver.で、よりダイナミックに動くといいです。ただし、頚椎が弱い人はこの姿勢は避けましょう。

床すれすれでキープする体幹力がカギ!

【レッグレイズ】

1:仰向けになり、両脚を上げ、ヒザを折った状態からスタート。両手のひらは下を向けて床を押さえるように。お腹に意識を置いておく。

2:脚を伸ばすように下げていき、床すれすれの5cmぐらいのところでキープ。10回×3セット

※高いところで脚を止めても、お腹を使っていないので意味がありません。注意して。

もっとできそうな人はAdvance ver.
体幹を使って、なるべく脚を高く上げたところからスタート。

難しくて安定しない人はEasy ver.
腹筋が弱いうちは、誰かの脚や安定したテーブルの脚に捕まっていると動きやすい。

このトレーニングをすると、自分の脚の重さに驚きます!道具を使わなくても、自分のカラダだけで、いくらでもトレーニングできるものですね。

女性らしい急カーブを描くウエストラインを手に入れて、最高のビーチデビューを果たしましょう!

 

ライター:幸雅子
出典:『YOLO.style』vol.2/「自撮りしてInstaに上げたくなる「水着の似合うカラダ」作り」
監修:小塚愛美(パーソナルトレーニングジムAphroditeエグゼクティブトレーナー。ダイエットを成功させるエキスパート。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE