Fitness & Sports

彼の指がつーっと滑る…くびれから始まる美尻ラインを作るヒップエクササイズ

骨盤の前傾を促進させお尻の筋力もアップ

ヒップメイキングに必要なのが、お尻のさまざまな筋肉を鍛えること。仰向け、ハイハイなど、赤ちゃんが生まれてから一人で立てるようになるまでの動きを参考にした「ベビーステップ」という手順で整えましょう。

今回は、その中から、お尻全体を鍛える「片脚立ちのポーズ」を紹介します。背中や腰を引き締めることでウエストのくびれを作り、きれいなヒップラインに導きます。

ポイントは脚を上げすぎないことと、上半身を前傾させすぎないように気をつけること。軸脚はつま先側に重心が行きがちなので、カカト側でしっかり床を踏んで、お尻まわりの筋肉で支えることが大切です。

  • 片脚立ちのポーズ

1:足幅をこぶし一つ分広げて立ち、両手を頭の後ろで組む。脚を前後に開いて前傾。前脚に重心をかけ、足裏全体で床を押す。

2:お尻を突き出すように後ろ脚を持ち上げて、少しだけ浮かせる。この時、軸脚全体でしっかり床を押す。軸脚のお尻に意識を向けて。この状態を30秒キープ。反対の脚も同様に。30秒キープ×両脚を行う。

浮かせるほうの脚を上げすぎると、お尻に効かなくなるので注意して。軸脚はつま先ではなく、カカト側にしっかり重心がのるように意識しましょう。

また、ヒップメイキングの大きなポイントとなるのが、腸腰筋。骨盤を前傾させ、ヒップラインを高くする腸腰筋エクササイズも合わせて行いたいですね。

 

Check!
あなたのお尻のタイプもチェックしませんか。
https://yolo.style/hb_yl18081301/

 

ライター:幸雅子
出典:『YOLO.style』vol.3/七つのベビーステップ」
監修:松尾タカシ/ヒップアップ・アーティスト。フィットネストレーナーとしての長年の経験から、機能解剖学上において大変重要な「お尻」に着目。足腰を強くして健康を保つ独自のメソッドを開発。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE