Fitness & Sports

「ぷよぷよ」内ももは結構ヤバい! この筋トレで今から鍛えて

弱い部分だからこそ強めに鍛える 太モモの内側

夏になると履きたくなるショートパンツ。いざ、履いてみたら太ももの内側にぷよぷよが…。

普段からトレーニングをしている女性でも、案外鍛え切れていないのが太ももの内側にある「内転筋」。人目がある電車の中ではヒザをきちんとそろえて座っていても、人から見えないデスクの下ではヒザをだらしなく開いてしまっていませんか?その積み重ねがこのぷよぷよなんです(>_<)

特にO脚の人は太ももの外側が強くなっているので、その分内側が弱りがち。強度の高いエクササイズで、しっかりと内側を鍛えましょう。余分な脂肪を削ぎ落とし、しなやかでありながら強い太ももを作り上げるためにレッツトライ!

【バレエスクワット】


股関節を後ろに引くのがポイント。内ももにしっかりと効かせることができます。トレ女おなじみのワイドスクワットと似ていますが、違いはお尻を後ろに突き出すことです。

1:足は大きめに開き、つま先とヒザを外側に向けて立つ。両腕は肩の高さに持ち上げ、反対側の上腕に添える。

2:少しお尻を後ろに突き出し、太ももが床と平行になるまでしゃがんでいく。上体は軽く前傾させて。ヒザが内側に入らないように気をつけよう。15〜20回。

 

ライター:幸雅子
出典:『YOLO.style』vol.4/「その脚はまだきれいになる!」
監修:小塚愛美(パーソナルトレーニングジムAphroditeのエグゼクティブトレーナー。ダイエットを成功させるエキスパート。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE