Health & Beauty

顔を見ればわかる!あなたの股関節の【ズレ】チェック

2018/08/17

股関節のズレは自分で確認できる

あなたの股関節まわり、ズレていませんか?…と聞かれても、自分ではわかりませんよね。いえいえ、実は自分の顔を見ると、そのサインが出ているのです。今すぐチェックして、もしズレていたら、簡単なエクササイズで調整しましょう!

【顔でチェックする股関節のズレ】
・手で頬を触ってみます。頬骨の位置に左右差がある?ない?
→左右差がある場合は、骨盤&股関節がズレています。

・耳の穴の大きさを見ます。左右差がある?ない?
→左右差がある場合は、股関節がきちんとはまっていません。

いかがでしたか?股関節のズレがあったり、はまり方が不安定な人は、以下のエクササイズを行って、調整していきましょう。

股関節がなめらかになるといいことがいっぱい

ズレがあった人は、股関節の可動域を広げるエクササイズで、硬くなっている筋肉をほぐしましょう。それによって、股関節が整うことに加え、こんな効果が期待できます。

1:股関節の可動域の左右差がなくなり、顔の歪みが取れる。
2:骨盤が前後に動くようになって、太ももの裏側にハリができる。
3:姿勢が定まり、首・頭の位置が安定する。
4:足首の可動域が広くなり、ふくらはぎにハリができる。
5:足裏のセンサーが働くようになり、アゴの緊張が取れる。優しい顔つきに。

では、さっそくエクササイズを始めましょう!

【股関節エクササイズ】


1:両手・両ヒザを床に着ける。手同士、足同士の幅は、肩幅より広めに開く。
2:息を吐きながらお尻を脚の間に落として伏せて、呼吸する。吐く時はゆっくりと。
3:息を吸いながらお尻を上げ、自然呼吸で背中を上下にゆっくり動かす。
4:息を吸いながら、背中を丸めて引き上げる。
5:息を吐きながら、お腹を床に近づけるイメージで、背中全体を下げる。
6:自然呼吸で、肩を中心に体全体を左右に5回ずつ回す。回す時は肩甲骨を動かすことを意識する。首の力を抜き、顔は床へ向ける。肩、背中が伸びるのを感じる。
7:自然呼吸で、股関節を中心に体を前後に5回ずつ回す。一度お尻を引いてから、大きく前に体を伸ばすと、股関節を大きく使える。肩も一緒に動かすとなめらかに動ける。

この動きを行うと、股関節、肩関節がスムーズに動くようになり、ズレていた股関節が調整されます。また、全身にハリができるなどいい副作用も得られるので、ぜひ日常に取り入れてみましょう。骨格のバランスが整うと、ムダな脂肪が落ち、痩せやすい体になっていきますよ。

 

 

ライター:豊田紗江
出典:『“健康寿命”をのばす股関節セラピー』
監修:原田優子/フィジカルナビゲーター。アロマセラピスト。「女性のためのこつばん塾」主宰。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE