YOLO

Food

明日のわたしの体を作る食事…だから見直す4つのヒント

食事が明日の私を作っている

「You are what you eat 」という言葉を聞いたことはありますか? そう、私達のカラダは、食べたもの・飲んだものからできています、という意味です。「栄養価の高い食事でエネルギッシュに過ごす」のも「添加物でカラダの循環を滞らせる」のも食事次第。口にするものすべてが、“明日の私”を作っていくのです。…というのはよく聞きますが、今から食事を見直すのも、食事に関する情報が多すぎて大変。そこで、本気で食事を見直したいあなたに、4つのヒントを紹介しましょう。

キレイを作る食事の4つのヒント

1:がんの発生率も低い!? やっぱり『和食』
栄養バランスがよくヘルシーな和食は、美容や健康の維持に有効と言われています。東北大学の研究チームの発表によれば、特に1975年ごろの和食が「最も健康的」なのだとか。その特徴は、魚介・豆類・野菜・果実・卵・海藻類などの多くの食材を少しずつ摂っていたこと。食物繊維も豊富なことから内臓脂肪がつきにくく、がんの発生率も低かったとのこと。

2:脱・パターン化
気がつけば、いつも同じような食材を買って、同じような調理をしている…ということはありませんか? そうすると、知らず知らずのうちに、栄養が偏ってしまっているかもしれません。買い物に行った時に、「見たことない」「使ったことない」という食材があれば、ぜひ、取り入れてみましょう。インターネットで検索すれば、ほとんどの食材は調理法を知ることができますし、料理のレパートリーも増えていきますよ。話題のスーパーフードもどんどん試してみましょうよ。

3:『タンパク質』で基礎代謝を上げる
「カロリーが高い」「太る」なんてイメージから、肉などの高タンパク食品をあまり摂らないようにしているという人も多いのではないでしょうか? でも実は、タンパク質が不足すると、筋肉量が落ちて基礎代謝が下がり、エネルギー効率の悪いカラダになってしまいます。基礎代謝を上げるためには、タンパク質は必要不可欠。1日あたり40g程度(成人女性の場合)を目安に、積極的に摂取しましょう。肉・魚・卵・チーズなどの代表的な食品の他、手軽なプロテインを取り入れるのもオススメです。

5:「特別な日」と「日常」を使い分ける
季節の行事や祝いの日といった「特別な日」と、いつも通りの「日常」では、食べるものが変わってくるものです。カラダが喜ぶ食事にするには、これを使い分けて、どっちも楽しむことが大切です。いつもいつも豪華な食事では、カラダが疲れてしまうし、かといって、毎日シンプルな食事では、食に対する喜びを忘れがちになってしまいます。適度に使い分けてメリハリをつけることが、食事からキレイを作る秘訣です。

 

ライター:中村千春
出展:『颯爽美人になる心と体の筋トレ

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE