Health & Beauty

季節はもう秋。しっとりとした女性らしさは、長吐き呼吸で作る

呼吸の仕方で雰囲気が変わる

夏のぱーんとした明るい元気さも素敵だけど、季節はもう秋。少しだけ落ち着いた雰囲気をまとうと、秋色のファッションが似合います。でも、雰囲気をまとうって?実は意外に簡単に、自分の雰囲気って変えられます。それが呼吸。

呼吸は、吸って吐くだけの行為なのに、それを意識して使い出すと、実にいろいろな効果を得られます。その一つが、雰囲気づくり。呼吸は心と連動しているので、速く呼吸すると気持ちも明るく元気さが増す感じに。ゆっくり呼吸すると落ち着いてまったりした感じにすることができるんです。これ、普段は気持ちに合わせて勝手に切り替わっているんですが、呼吸は自分でコントロールできるので、それを利用するというわけ。

1日5分の呼吸法で、秋ガールに

秋のファッションが似合う、少ししっとりした女子の雰囲気作りを実践しましょう。ふんわりと優しいニュアンスは、ゆっくりとした呼吸が合っています。そこで練習したいのは、少し長めに吐くこと。普段は、どちらかというと吸う時のほうが長くなっている人が多いのです。だから、意識的に長めに吐くことでちょうどいい感じに。最初は慣れないかもしれませんが、1日5分ぐらい意識的な呼吸を練習することで、身についてきます。5分は意外に長いんです。でも、トイレタイムとか、入浴時間を利用するのでもいいですよ。

【長吐き呼吸の練習】
1:両足裏がしっかり床につく程度の高さの椅子に座り、少し背筋を伸ばす。寄りかからないほうがベター。

2:一度、お腹からすべて息を吐き出し、続いて、お腹にためていく意識で、鼻から息をできるだけ吸い込む。

3:吸いきったら、口をすぼめて、細く長く、息を口から吐いていく。その時、お腹を絞っていくような感じで。背中を丸めないように。

4:これを5分続ける。

呼吸法を続けていくと自律神経のバランス調整にも役立ち、全身の血流改善にもなって冷え性解消のサポートも。いつまで、と言わず一生続けてもいいことですが、短期ゴールを作るなら、まず1週間やってみましょう。トレーニングの前に呼吸法をやるのもオススメです。

 

ライター:三上あずさ
出典:『実年齢より10歳若返るシンプルな7つの方法』

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE