YOLO

Health & Beauty

そのやり方では効率悪い⁉ 綺麗を作る「体内時計」の使い方

「体内時計」のルールを知ろう

ボディメイクには運動や食事の量、質はとても重要。でも、それを十分に生かすタイミングがあるの知ってますか?そのタイミングとは、一日の「体内時計」。あなたのホルモン分泌や神経活動の動きに合わせて、運動や食事をしたほうが、心身への影響力が高いのです。朝昼晩に活性化するべきものに合わせて動いてみたら、きっと効率よく体が変わっていきますよ。

【朝活性化するべきもの】
幸せホルモンとも言われる「セロトニン」の分泌が活発に。セロトニンは目覚めをよくして、心を柔らかくしてくれます。朝日を浴びたり、リズム運動をすると活性化。このタイミングに、有酸素運動をすると、より成果が上がります。

【昼活性化するべきもの】
交感神経が優位になりやすいのが昼。日中は、元気に頑張れる時間帯というわけ。そこで、この時間帯に、しっかりと動く、エネルギーを消費する活動が向いています。日中、ジムに行ける人は追い込むことがしやすいんです。

【夜活性化するべきもの】
いい眠りを誘うメラトニンが分泌される時間。これはセロトニンとセットなので、セロトニンがきちんと働いている人ほど、メラトニンも分泌されやすいでしょう。また、副交感神経が優位になる時間でもあります。副交感神経はリラックスして、体の緊張も解ける時。そして、内臓が働きやすくもなります。ここは寝るための準備をする時間帯ということ。夜にトレーニングする人は、トレーニングから寝るまでに2時間程度の余裕を持って望みたいですね。

【寝ている間に活性化するべきもの】
成長ホルモンはこの時間帯。細胞の修復や再生をします。病気やけがの回復も促されます。寝てから2—3時間が最も分泌されるので、すーっと眠りに就けるように、寝る前の飲食は避けましょう。この時間に内臓が消化に使われていると、翌朝まで内臓の疲れが持ち越されてしまいます。

体内時計と生活リズム。その両方のバランスが取れた時、一番効率よくボディメイクができます。体内時計を考えながら、一日の使い方を組んでみてくださいね。

 

ライター:三上あずさ
出典:『きれいを更新するメソッド』(菅原順二著)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE