Health & Beauty

【骨盤のバランス】は大丈夫?筋トレをムダにする骨盤の歪みをチェック

体の芯となる骨盤

骨盤のバランスが乱れていると、姿勢が悪くなったり、スタイルの悪さにもつながります。また筋トレをしても、きれいに筋肉がつかなかったり、なかなか理想の体を得られないかもしれません。さらに、脂肪がつきやすくなってしまうこともあります。

骨盤の状態は自分では気づきにくいですが、以下の方法でチェックしてみましょう。

骨盤の歪みタイプとチェック方法

骨盤の歪みをチェックしてみましょう。歪みタイプは三つに分けられます。タイプ別に行いたいエクササイズも参考にしてみてください。

【骨盤開きタイプ】
■チェック方法
まっすぐに立って、カカト同士をつけ、つま先は左右に90度になるように開く。この時、両脚の膝やふくらはぎの一部がつかない場合は、骨盤が開きすぎている可能性が高い。

■アドバイス
左右の骨盤が体の前で合わさる恥骨結合が、左右に開いてしまっている可能性が。そのせいで、本来ハート型の骨盤が四角くなっているかもしれません。骨盤を閉じるために、お尻の臀筋類や内転筋を鍛えましょう。

【骨盤ねじれタイプ】
■チェック方法
脚を前後に開いてストレッチします。この時、右脚前と左脚前では、筋肉の張る場所が違うなどの違和感がないか確認。あれば、骨盤がねじれているかも。

■アドバイス
左右の骨盤が、前後にねじれてしまうタイプ。そのため肩の位置など、体全体の左右のバランスも崩れています。骨盤の上下に走る腸腰筋などをほぐしつつ鍛え、骨盤まわりの筋肉のバランスを整えましょう。

【骨盤開き&ねじれタイプ】
上記二つのチェックを行って、どちらも該当するのであれば、上の二つが同時に起こっている可能性があります。骨盤が四角く開いている上に、ねじれています。骨盤の上下、左右、前後の筋肉を全体的に鍛えていきましょう。

筋トレをする時、まずは骨盤まわりの調整を行いましょう。骨盤が整うと、その先の筋トレ効果が変わってくるはずです。

 

ライター:豊田紗江
出典:『はじめての体幹&骨盤ダイエット』
著者:島脇伴行/アメリカスポーツ医学会認定、エクササイズスポーツフィジオロジスト(運動生理学士)。日本抗加齢医学会会員。ボディディレクターエクササイズスタジオ主宰

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE