Health & Beauty

ダイエットの強い味方!3大柑橘フルーツで上手に食欲をコントロール

ダイエットの心強いサポーターは柑橘系フルーツ

集中的に身体を絞りたい時の最大の敵は食欲。そして、ストレスが溜まった時、月経前に食欲が爆発するという人もいるのではないでしょうか。たとえ自分を律して食事制限に励んでいても、くじけそうになることだってあるものです。そんな時はレモン、オレンジ、グレープフルーツの柑橘系フルーツがダイエットのサポーターになってくれます。

レモンでむくみ予防!

疲労回復効果があるクエン酸を含むフルーツとして知られているレモンですが、実は胃腸の働きを高めて水分、血液の流れをよくする働きがあります。体内の巡りがよくなると代謝アップにつながるため、むくみ対策に効果的。

食事中に飲むお水やサラダのドレッシングにレモンの果汁を混ぜるなど、毎日の食事に手軽に取り入れられることも魅力です。フレッシュな香りにはリラックス効果があるため、ストレスによる暴飲暴食のストッパーになってくれます。

飲むと満腹感が得られるのは?

コレステロール値を下げるのを助ける働きがあるといわれているのがオレンジです。消化不良の改善など、消化器系へアプローチしてくれるため、食後のデザートとして食べるのがおすすめです。しかも、オレンジは飲むことで満足感が得られるといわれているため、100%のオレンジジュースが小腹を満たしてくれるかも。

デトックスしたい時はグレープフルーツ

グレープフルーツはダイエットフルーツといっても過言ではないくらいマルチに働きます。

まずは、老廃物、脂肪分を排出する働きによるデトックス効果は期待大! 例えば、焼き肉、中華料理と、油を多く使った食事をした後に100%のグレープフルーツジュースを飲むと、消化を促し、脂肪分を流してくれるというわけです。さらに、利尿作用もあるため、むくみ防止にも効果を発揮します。

極めつけは、ダイエットの香りと言われているだけあり、精油を嗅ぐだけでも有効的なのです。入浴剤代わりに天然塩と混ぜ合わせて湯船に入れると、グレープフルーツの香りが消化促進し、塩が身体を温めてくれるのでダブルの効果が得られます。

ライター:木川誠子

RECOMMEND