Health & Beauty

食べすぎた!そんな時はペパーミントの力でアフターケアを

食べすぎた後からでも対策できる

出会いと別れの季節である春は、歓送迎会など、仕事関係の飲み会をはじめ、プライベートでもなにかと集まりが多くなりますよね。ほどほどにしようと思いつつも、楽しい雰囲気にのまれてついつい食べ過ぎちゃったり、飲みすぎちゃったり…。でも安心してください。食べ過ぎた後でも対策できる方法があるのです。

飲み会による食べすぎ、飲むすぎの救世主になってくれるのは植物のミントです。一概にミントといっても、ペパーミント、スペアミント、フィールドミントなど、いろいろ種類がありますが、中でも注目したいのが一番なじみのあるペパーミント。

ペパーミントは胃腸の筋肉に直接働きかけるといわれているため、消化器系をサポートしています。そのため食後に取り入れることで、食べ過ぎた時に感じる胃のムカムカや胸やけをすーっと和らげてくれるのです。

ミントティーでお腹の苦しさを緩和

ミントのハーブティーは、特徴である爽やかな香りと口当たりで口の中からすっきりとしてくれます。ひと口、ふた口と飲み進めるとパンパンに張り裂けそうだったお腹のハリが緩んでいくのを感じると思います。

さらに、飲みすぎによる吐き気や二日酔い対策としても効果的なので、食後のドリンクとして取り入れるのがおすすめです。ティーパックでも、フレッシュミントにお湯を注ぐ方法でもOK。

ペパーミントの精油でマッサージ

ホホバオイルなどのキャリアオイル10mLに対して、ペパーミントの精油を2~4滴たらします。そのオイルを手に取り、胸元や胃のあたりをクルクルと円を描くように優しくマッサージしてみてください。香りの効果も相まってすっきり感が得られます。

マッサージする気力が残っていない…という時は、香りを嗅ぐだけでもGOOD。手のひらに2~3滴たらして、手のひら全体に広げます。両手をお椀のような形にして鼻から深く吸い込んでください。ミントならではの清涼感ある香りで爽快な気持ちになれます。

ライター:木川誠子

RECOMMEND