Health & Beauty

【1日2万回!】呼吸を意識すれば痩せやすい体になる!

美ボディづくりのために知っておきたい体の知識

いつのまにかお腹がでてきたり、締まりのない体になってしまったり……。二の腕や太もものたるみが気になる!体の悩みは本当につきませんよね。理想的な体を手に入れるには、やはりトレーニングは必須のようです。ここでは健康的な体を手に入れるため、基本的な体の知識や、より効率が上がるトレーニングのアドバイスをお届けします。

1日数十回、意識的な呼吸をはじめてみよう

呼吸にまつわるダイエット法は、これまでにもブームになったことがありますよね。それには理由があります。人間が1日に呼吸する回数は、約2万回と言われています。その2万回をただの生命維持の方法として行うのと、その内の何回・何十回を意識して呼吸するのでは、実はカロリーの消費も変わってくるのです。呼吸は生まれた時からしているので、基本的には学ばないもの。でも、こうした自己流の呼吸を意識的な呼吸に変えることで、さまざまなメリットがあるのです。

呼吸方法を変えて、カロリー消費!

ここでいう意識的な呼吸とは、横隔膜や胸郭が動き、腹横筋、肋間筋、腹斜筋群などの呼吸筋を使う呼吸のこと。呼吸で使うべき筋肉や骨などを使わないと、その部分が衰えてしまい、本来動くべきところが動かなくなってしまいます。こうした呼吸を手に入れられれば、まず使われるべき器官が動くためにカロリーが消費されます。呼吸筋群の使われ方が変わると、他の部分にもいい影響があります。普段の生活の中でも姿勢の改善や、体がよりスムーズに動くようになっていくはずです。

呼吸法の意識で姿勢もよくなる!痩せやすくなる!

猫背の人の多くは、背骨が曲がり、肩が体の内側に入ってしまい、背中の筋肉が衰え、胸郭の可動域を狭めてしまっています。そこで、呼吸の改善により胸郭の可動域を広げてあげると、自然と胸を張れるので本来の正しい骨と関節の状態が取り戻され猫背の改善へと繋がるのです。そして、これまで使われていなかった筋肉が使われるということは、よりカロリーが消費され、痩せやすい体になるということなのです。

出典:『超カンタン 部位別エクササイズ』(監修:遠山健太)
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND