Health & Beauty

頭痛、首痛の原因はコレかも?肩甲骨まわりの柔軟性をチェック!

肩甲骨の可動性と柔軟性をチェック!

肩こり、首痛、背筋痛など不調を感じている人は、まず肩甲骨のストレッチから始めましょう。日々の生活で、こり固まって動かなくなった肩甲骨をストレッチでほぐして柔軟にすることが体質改善の第一歩です。本来持つべき可動域の広い肩甲骨を取り戻すために、まずはあなたの肩甲骨チェックを。

バランスを保ったまま上体を前後に倒せる?


肩幅に脚を開いて立ち、その姿勢を保ったまま上体を前傾させたり後傾させてみましょう。写真のようにバランスを崩さずスムーズに動くことができたら肩甲骨まわりが良く動く人です。さらに可動域を広げるために肩甲骨ストレッチと連動性を高めるエクササイズを実践しましょう。一方で肩が上がり、ヒザを曲げないと動けない人は、肩甲骨まわりが硬い証拠。まずは正しい腹式呼吸を身につけお腹まわりを柔軟にしつつ、じっくり肩甲骨のストレッチを行いましょう。

伸ばした両手を頭上より後方に運べる?


カカトとつま先をつけてまっすぐ立ち、胸の前に両手を伸ばしてから、そのまま頭上に上げてみましょう。バランスを崩さずに、伸ばした手を頭上よりも後方に運べる人は、肩甲骨まわりを動かせている証拠。肩甲骨ストレッチを行い、肩や肩甲骨の可動域をさらに広げて、首痛や肩こりなどの不調を完全に撃退しましょう。一方で両手が頭上よりも後方にいかない人は、肩甲骨がだいぶこり固まっています。また、腕がまったく上がらない人は重症…。肩甲骨ストレッチを入念に行いましょう。

出典:『不調撃退! 肩甲骨・骨盤ストレッチ』(監修:宮﨑裕樹)
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND