Fitness & Sports

【疲れている人はすぐやろう!】肩甲骨と骨盤の連動性チェック!

身体の連続性をチェック!

「疲れが取れない」「身体の調子がスッキリしない」などの不調を取り除くのに効果的なのが、肩甲骨と骨盤のストレッチです。ただ、どちらかだけをストレッチをしても効果は半減します。効率よくストレッチするためには両方を連動させて動かすことが重要。背骨を通して対になっている肩甲骨と骨盤を連動させるために、体幹部にある腹横筋を動かしていくのがポイントになります。まずは自分自身の身体がどれだけ連続性をもって動かせるのかをチェックしてみましょう。

肩甲骨と骨盤を連動させヒジを前に出せる?

骨盤に両手を当てて、肩甲骨を寄せながらヒジを後ろに引いてみましょう。続いて肩甲骨を広げながらヒジを前に出していきます。肩甲骨と骨盤に柔軟性があれば、体がこわばらずにヒジを動かすことができます。スムーズにこれができれば連動性が高い証拠。さらに腹横筋を鍛えて全身の連動性を高めるエクササイズを行いましょう。動きがぎこちない人は、肩甲骨と骨盤の柔軟性や可動性が低い証拠。まずは、肩甲骨ストレッチと骨盤ストレッチで、体がスムーズに動くような柔軟性を養うことから始めましょう。

首、肩甲骨、わき腹、骨盤を前後に大きく動かせる?

肩甲骨を寄せながら体を後ろに反らせ、続いて首、肩甲骨、わき腹、骨盤を同時に動かして上体を前へ倒していきます。弓のように体を反らせ、そこからゆっくり大きく体を動すことができれば、柔軟性と可動性は十分にあります。さらなるレベルアップを目指し、連動性を高めるエクササイズを。大きく反った時にバランスが崩れたり、肩甲骨や骨盤を動かす意識が持てない人は、肩甲骨ストレッチと骨盤ストレッチで、まずは動かす意識を身につけること。その後に連動性エクササイズに臨みましょう。

出典:『不調撃退! 肩甲骨・骨盤ストレッチ』(監修:宮﨑裕樹)

ライター:YOLO編集部

RECOMMEND