Health & Beauty

オフィスでの体調不良の原因はエアコンの設定温度?!

2019/08/20

エアコンの設定温度にダマされないで!

ちょっと暑いけれど、エアコンの設定温度を下げているから大丈夫!と、安心していませんか?じつは、エアコンの設定温度だけを信用することは非常に危険なのです。

熱中症を防ぐ理想の室温は28℃といわれていますが、エアコンの設定温度を28℃にしても室温は30℃を超えていることは多いのです。設定温度はあくまでも温度センサーのある位置での温度。そのため、エアコンの設定温度を信用するのではなく、温度計を体の近い位置に置いて、28℃を超えているようなら室温が28℃になるくらいまで設定温度を下げることが理想です。

また、水分をとらずに28℃超の部屋で長時間デスクワークをしたりすると、熱中症になる可能性は高まります。体が極度の脱水状態になっている二日酔い気味のときや、体調不良のときなどはさらに危険は高まるので、そんなときはいつもより多めの水分補給を心がけてくださいね!

とはいえ、オフィスのエアコンを上げづらいという人も多いですよね…。そんなときは、ハンディタイプの扇風機などを利用して暑さを緩和するのも手です。

ただし、冷やしすぎも熱中症のリスクを高めることは知っておいてください。24℃以下では皮膚の表面の血管が収縮して体内の熱を逃がしにくくなるのです。

また、外気より5℃以上低い室内に長時間いると、自律神経が乱れて冷房病になり体調を崩しやすくなることがわかっています。オフィスのエアコンが効きすぎているようなら、何か羽織ったりして、体温が下がりすぎるのを防ぎましょう。

出典:『医者が教える熱中症対策』(監修:医療法人三九会三九朗病院循環器内科専門医・医学博士 伊藤重範)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND