Health & Beauty

なかなか痩せない人は【体が乾いている】からかも!

痩せにくいと悩むあなた、体、乾いていませんか?

人間の体の約60%は水分、いわゆる体液で構成されています。そして、体内の水分の2/3は細胞内に、残り1/3は血液、リンパ液、胃液などに含まれています。このことからも、体内の水分量が不足すると、体にはさまざまな不調が発生することは想像に難くないはずです。

そして、何より問題なのは、水分不足が太りやすい体質をつくること。水分不足になると、新陳代謝が滞りやすく、自律神経のバランスも崩れやすくなります。その結果、エネルギーを消費しにくい体となってしまうのです。

では、1日にどのくらいの水分が失われるのでしょうか?たとえば、腎臓では1日に150~200リッターもの汚れた血液をろ過していますが、この行程で尿として体内からは1.2~1.5リッターもの水分が排出されます。さらに、呼吸や皮膚表面から蒸発する水分、便などに含まれる水分なども含めると、体からは1日に2.5リッターもの水分が失われることになります。運動をして汗をかくとさらにその量は増加します。

水分は食品からでも摂取はできるものの、それだけでは不十分です。ですから、少なくとも1日2リッター程度の水分は摂取するようにしてください。もちろん、トレーニングなどで発汗量が増えた時には、さらに多くの水分摂取を。

水分をとりすぎると体がむくむと考える人も多いようですが、それは間違いです。水を飲んでむくむという人の多くは、心臓や腎臓、ホルモン系の疾患を抱えている人であり、健康体の人は水を飲んだからといってむくみがひどくなることはほぼありません。

体内の水分(体液)の働き
・老廃物を排出する(デトックス)
・栄養分、酵素、ホルモンなどを体全体に行き渡らせる
・汗となり、体温を調整する
・酵素などの生命維持に必要な物質を体内で使えるようにするための溶媒となる

出典:『ランニングスタイルVol.110

監修:日本抗加齢医学会専門医・青木 晃
ライター:楠田圭子

RECOMMEND