Health & Beauty

目がかゆい、鼻の下がヒリヒリ、ツラすぎる…。今すぐできる花粉症対策

2020/03/13

春なんて来なきゃいいのに…

わたしたちにとって一年で最も辛い時期ですね…そう花粉症の季節です。この際春なんて無くなればいいのに…人類みんな花粉症になっちゃえばいいのに…。なんてネガティブな思いばかりが頭をよぎってしまいます。でもそんなことを考えても仕方がないので、ここは今できる改善策を片っ端からチャレンジしてみましょう!

というわけで、過去にYOLOで紹介した花粉症対策の記事をまとめてみました。神頼みしても変わらないので、全部トライしてみまックション(ムズムズ)!

鼻のグズグズは「鼻ヨガ」で改善

ヨガって鼻にもアプローチできるんです。鼻ヨガでは、花粉症や鼻詰まり、蓄膿症、口呼吸などそれらの症状の多くは、首のコリや足首の冷えが原因と考えられるため、足首を回すところからスタート。骨盤につながる足首をほぐすことで、末端から血流を促していきます。その後鼻周りとつながる背骨を、背中を反る後屈系のポーズで刺激しましょう。

【準備体操】

・足首まわし→仙骨ほぐし→ツボ押し

【鼻にアプローチできるヨガ】

・ウサギのポーズ

・弓のポーズ

鼻グズグズの人は詳しいやり方を見てね!→鼻のぐずぐずは背骨への刺激で改善!今年はもう花粉症対策を始めよう! https://yolo.style/fs_yg190114_003/

レンコンで症状を緩和!

レンコンは漢方では生薬として使われています。肺を潤し、胃腸の働きをよくして食欲を増進、気持ちの安定、肌の再生促進にと効能はたくさん。レンコンの入ったお粥は、中国古代の薬膳粥として食べられてきました。食べ続けることで、健康で長生きできると言われているほど。体験に基づく効果が受け継がれています。

そんなレンコンに含まれるネバネバ成分が炎症物質の分泌を抑え、改善につながるります。

花粉症を和らげるためには「毎日40g程度のレンコンを2週間以上食べ続ける」とよいと言われています。色々な方法で食べる事ができますが、すりおろして使うことで、ネバネバ成分を効率よく取り入れるるのがベター。例えばこんなレシピはいかがでしょう。

【レンコンポタージュ】

材料(3食分)
レンコン…200g
だし汁…200ml
塩…小さじ1/2
無調製豆乳…200ml
オリーブオイル、黒コショウ…各適量

詳しいレシピはこちら→レンコンで、花粉症を軽減できるってホント? https://yolo.style/fo_or190328_002/

ゾウさんポットで鼻うがい

ネティポットというゾウさんの形をしたポットを使って、鼻の穴にお湯を入れるという方法があるんです。

普通のお湯だと結構ツライのですが、人肌のぬるま湯に塩をひとつまみ、できれば天然塩。こうすることで鼻にお湯を入れても、キューっという感じにならないそう。塩の量は個人差があるので、試しながら量を調整してみてくださいね。

細かなやり方はここから→花粉症に悩む人必携! 鼻うがいのゾウさんポット https://yolo.style/hb_yg17021901/

 

藁にもすがりたい花粉症。まだチャレンジしてない方法だったらぜひやってみてくださいね。あ~早く夏こないかな。

ライター:YOLO編集部

RECOMMEND