Health & Beauty

デブ体質の人は体の芯から冷えている?!

2020/03/19

体温の低い人が太りやすいワケは?

「太った人は汗をかきやすい=冷えとは無縁」と思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、それは大間違い。じつは、太った人の体は芯から冷えていて、代謝も低い可能性大なのです。

その一つの原因が筋肉の少なさにあります。筋肉はエネルギーを消費して熱を発生させます。この熱が体温のもとになることから、筋肉が少ないと体内から発生する熱の量も減って体温が低下してしまいます。

当然、筋肉が少なければエネルギー消費量も減っててしまいます。つまり、体温が低い人は、筋肉が少ないうえ、太りやすいことが考えられます。ちょっと意外かもしれませんが、太めの女性ほど冷え症の人が多いことがわかっているのです。たとえば、電車に乗っていて、さほど寒くもないのに厚着をして寒そうにしている女性が…。そんな光景を目にしたことはありませんか?

ただ、ホルモンの関係で、女性の筋肉量が男性よりも少なめであることは仕方のないこと。そのため、女性は低体温になりやすく、冷えに悩まされることも多いのです。実際、ダイエット外来受診者の半数以上が冷えの症状を訴えています。また、体調不良のアンケートをとっても、女性の1位は冷えなのです。対する男性は、冷えを訴えている人はほぼいません。

冷えの悩みを改善する最良の方法は、筋肉を増やすことです。そのため、定期的な運動、とくに筋トレは、筋肉を増やし、減らさないために有効です。また、筋肉の材料になるタンパク質も過不足なく摂ることも大切です。タンパク質不足で運動をすると、運動で損傷を受けた筋肉が修復されずに、逆に、筋肉が減ってしまうので要注意です。

出典:『最強の体脂肪燃焼RUN
監修:日本抗加齢医学会専門医・青木 晃
ライター:楠田圭子

RECOMMEND