YOLO

Health & Beauty

腸を磨けば、肌は10歳若返る!美腸に効く食品8選

腸を制するものは美を制す

腸を制するものは美を制すとも言われるぐらい、腸と美容の関係は深いって、知っていますか?

なぜなら、腸の不調はお肌へのサインが特に現れやすく、吹き出物が出たり、かゆみが出たり、いわゆる肌荒れを生じさせてしまうんです。
「冬の乾燥のかゆみかと思ってたけど、そういえば便秘がちだった!」と思い当たる人もいるかもしれませんね。

バランスの取れた健康な腸は、アレルギー予防や改善、ダイエット効果の向上など、うれしいメリットもたくさん!エステや効果なクリームを買うより、ますは腸内環境を見直してみませんか?

良い腸って、どんな腸?

良い腸とは、いったいどんな状態なのでしょうか?
それは、ずばり「腸内細菌のバランスが良好」な腸のこと。理想的なバランスは「善玉菌が2割、悪玉菌が1割、優勢な方につく日和見菌が7割」と言われていますので、日和見菌が善玉菌についてくれるためにも、腸内は常に「善玉菌優勢」にしておく必要があるんです。

善玉菌を優勢にする食べ物を一挙ご紹介!

●ヨーグルト
真っ先に思い浮かべた人も多いのでは?そう、ヨーグルトの乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

●玉ネギ
玉ネギの甘みの元であるオリゴ糖は、腸内に存在するビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌のエサとなるため、腸内環境改善に有効です。

●キノコ類
キノコに含まれるキノコキトサンという不溶性食物繊維は、腸内を大掃除してくれます。腸の動きを活性化させ、便通がスムーズに。

●大豆
不溶性と不溶性食物繊維がバランスよく含まれる、優秀な整腸食材。善玉菌のエサになるオリゴ糖も含まれています。

●ゴボウ
食物繊維の含有量は野菜の中でもトップクラス!血糖値の急上昇を予防する働きもあります。

●ひじき
水溶性食物繊維が多いため、便通改善、血糖値ケアにも貢献。不足しがちな鉄分、カルシウム、むくみ改善に働くカリウムもたっぷり入っています。

●麹、発酵食品
生きて腸に届く植物性乳酸菌がたっぷり含まれています。消化を助ける酵素も含まれるので、胃腸の調子が悪い時にも最適。加熱は控えめがベターです。

●さつまいも
水分吸着力が高い不溶性食物繊維を多く含むので、たっぷりの水分と一緒に摂るのが効果的です。お味噌汁やスープに入れるのがおすすめ。

いかがでしたか?
面倒くさがりやさんには、そのまま食べられるヨーグルトから始めてみるといいかもしれませんね。そして、何より継続することが大切。一日だけでは美腸にならないので、負担のないところから取り入れてきましょう。

 

ライター:深谷祥子
出典元:「暮らし上手の健康ごはん/体調別・優秀ごはん30」
監修:今泉久美(料理研究家・栄養士、女性栄養大学栄養クリニック特別講師)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE