Health & Beauty

冷房で冷えすぎてない?夏の冷えにご用心!

2019/08/07

室内の冷房で体が冷えて、だるくなったり疲れやすくなったりしていませんか?暑い夏だからといって薄着で油断していると、慢性的な冷えとなり、だるさや疲れなどの体の不調につながってしまいます。手軽にできる対策を習慣化して、毎日をすっきり過ごしましょう!

冷えすぎにご用心

厳しい暑さには冷房は欠かせません。でも、お店やオフィスでは冷えすぎてしまうこともしばしば。そんな場所に長時間いると、必要以上に体が冷やされ、不調につながってしまいます。

体が冷やされると、体温調節機能の働きで熱を逃がすまいとして血管は収縮してしまいます。それにより血流が悪くなり、手先足先などの末端までしっかりと循環しなくなるのです。

血管を流れる血液は、たまった老廃物を引き取って、ろ過装置まで運ぶ働きがあります。血液が循環しないということは、引き取られるはずの老廃物がたまってしまうこと。それにより、だるさやむくみ、疲れやすさを引き起こすのです。

すぐにできる夏の冷え対策とは?

では、そんな夏によくある不調を改善するために、できることは何でしょうか?体が冷えすぎてしまわないように、自分の服装で調整できるよう、羽織れる服などを携帯すると便利です。

外と中を行ったり来たりしていると、気温の変化も激しくなって、自律神経の乱れにもつながってしまいます。さっと服を羽織ることで、一定の温度に保つことができます。外にいる時の紫外線対策にもなりますね。

また、飲み物なども冷たい飲み物を一気飲みしたり、大量に飲んだりすると、体を冷やす原因になります。涼しい部屋では冷たいものを飲みすぎないように気をつけましょう。

積極的に体を温めよう

積極的に体を温めることも大事です。夏はシャワーですませてしまいがちですが、湯船に入ることで血行をよくし、血液の循環を高めましょう。体温が上がることで免疫力も高くなり、体調も崩しにくくなりますよ。

体を動かすこともとても効果的です。冷房の利いた部屋で一日中座ってじっとしていませんか?筋肉を使うことで血液をポンプのように巡らせる「筋ポンプ」作用を使い、循環を高めましょう。気づいた時に定期的に立って歩いてみたり、足首を動かしたりすると、ふくらはぎの筋肉を刺激し、足先の冷えとむくみにも効果的です。

体を冷やさないように、手軽にできるケアを日常に取り入れて、夏を乗りきってくださいね!

ライター:櫻井麻美
さくらいあさみ。大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND