Health & Beauty

甘いものがないとツラい!?それは○○○の崩れが原因かも

2019/09/01

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生。女性ホルモン研究家でもあり、不妊や産前・産後ケア、生理トラブル、更年期障害といった女性特有の症状に特化して治療をされています。今回は、甘いものを食べずにはいられない理由についてうかがいます。

“スイーツ中毒”には何らかの原因が

ほとんどの女子は、スイーツが好きですよね。ただ甘いものがやめられずに中毒のようになっている場合、「栄養不足になっているから、食べたくなっちゃうんです」と真理先生は指摘します。

「栄養をきちんと摂っていたら、甘いものへの食欲もコントロールできる範囲で収まって、“やめられない”ということにはならないはず。栄養をちゃんと摂った上で、甘いものをちょっとひと口食べるぐらいだったらいいんですけれども、止まらなくなったり、または甘いものが食事のメインになったりすると、ホルモンバランスを崩してしまいますね」

異常に甘いものがほしくなるのには、「必ず何らかの原因があります」と真理先生。

「食事をちゃんと摂ってバランスよく食べていれば、甘いものは“なくてもいいけど、あったらちょっと食べようかな”という感じで、禁断症状が出るようなことはないと思います。食べずにはいられないような場合、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスが悪かったり、無排卵月経になっていたりするのではないかと思います」

糖質制限ダイエットも、やり過ぎは禁物

「また、ご飯を抜くダイエットをしている方は、すごくチョコレートなどが食べたくなると思います。炭水化物もある程度は必要な栄養素なので、それをカットしてしまうと、糖質がほしくてほしくて甘いものに手が出てしまう。本来はその分お肉などのタンパク質を食べればいいんでしょうけど、そこまで大量には食べられないとなると、やはり甘いものに走る方は多いですね」

最近人気の糖質制限ダイエットは、実行している人も多いですよね。

「パスタやおにぎり、どんぶりものばかり食べているからいけないのであって、ちゃんとお魚もお肉も副菜もバランスよく食べた上でご飯も食べるのなら、問題ないんです。食事から糖質を極端になくすと、甘いものを欲してしまうのではないでしょうか。やはりバランスが大事で、偏ると問題が出てきますよね」

食事で何よりも大切なのは、バランスよく栄養を摂ることなのですね。

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ

RECOMMEND