Health & Beauty

朝起きても疲れてる…夏の疲れは足つぼでサヨナラ!

2019/09/06

間もなく夏も終わり。アクティブに動き回ることが多いシーズンですが、気づかないうちに疲れがどんどんたまってはいませんか?これっていわゆる夏バテ?

夏バテと言われる疲れの大きな原因は、「暑さ」、「寒暖差」、「紫外線」の三つです。いずれも自律神経に大きな負担をかけます。それにより自律神経が疲れて回復せず、夏特有の自律神経失調症、夏バテになってしまいます。

自律神経は体温調節をはじめ、体の生命活動に欠かせないものですが、自律神経機能は加齢とともに低下するので、中年以上の人は自律神経の衰えによる夏バテに陥りやすいと言えます。

夏バテになる三つの原因

第一の原因「暑さ」についてです。気候の穏やかな春秋と、真夏の炎天とでは、疲れ方が全然違いますよね。私達は暑いと発汗により体の熱を放出しますが、これをコントロールしているのが自律神経です。残暑、熱帯夜が続くと、自律神経が昼夜フル稼働することになり、疲れがどんどんたまってしまいます。

第二の原因「寒暖差」は、屋外のうだるような気温と、冷房の利いた室内の温度差が激しいので、体温調節のために自律神経が疲れます。また、同じ室内でも冷たい空気が下にたまるので、下半身と上半身にも温度差が出ます。頭寒足熱ならよいのですが、逆に下半身が冷え、上半身はのぼせたような状態になるので、自律神経はその調整のためにさらに疲弊してしまいます。

第三の原因「紫外線」です。夏は紫外線量が最も多くなりますが、強い紫外線を浴びると目の中で炎症反応が起き、体は一種の戦闘態勢。交感神経が刺激され、自律神経の疲労につながります。紫外線が強い夏は日陰や室内にいても紫外線の影響を受けるので、自律神経の疲れがますます蓄積されてしまうのです。

自律神経の安定に役立つ足つぼ

このように夏バテから脱するためには、自律神経をいかに回復させるかがポイントになります。こんな時に究極の助けになるのがリフレクソロジー。暑さ、寒暖差、紫外線をコントロールすることはもちろんですが、そんな過酷な夏の環境の中でもブレない体を作ることができます。定期的にリフレクソロジーの施術を受けていると自律神経が過酷な環境の中でも安定しやすくなります。

この夏の終わりからリフレクソロジーを始める方も、来年の夏には随分と暑さに強くなっていることを実感できると思います。ぜひチャレンジしてくださいね。

頭部
親指全体


人さし指から小指の膨らみ

ソーラープレキサス
真ん中の凹み

これらのパートを軟らかくなるまで丹念にマッサージしましょう。

土屋朱美
リフレクソロジスト、アロマセラピスト、ヒーラー、エネルギーワーカーとしても20年以上のキャリアと豊富な知識を持ち、その確かな技術と優しい施術に幅広いファン層の支持を持つ。現在、横浜市金沢区みなと旅館内みなと湯、リフレクソロジーサロンにて
施術を行っています。

http://www.minatoyu.com/relax.html

RECOMMEND