Health & Beauty

要注意!鉄分はどんどん出ていってしまう?貧血を防ぐための食事法

2019/10/04

体内の鉄は排出される


医学で言う「貧血」は、血液中のヘモグロビン濃度が低くなっている状態のこと。鉄を含むタンパク質・ヘモグロビンは、体内に酸素を供給しています。女性が貧血になりやすいのは、毎月生理があるからです。「生理によって、一日につき鉄分が約2mg、消耗してしまっているんです」と真理先生。

「生理で消耗するだけではなく、汗・便・尿でも、鉄って排出されているんです」

なるほど、生理中ではなくても、鉄は体から出ていってしまうんですね。

「鉄が不足すると頭痛・生理痛、手足の冷え、疲労、PMS、無排卵月経、めまい、抜け毛、アゴにきび、動悸・息切れ、うつ、集中力低下などを招きます」

あらゆる不調につながる貧血、防ぐにはどんな食材を摂ればいいのでしょうか?

ヘム鉄を含む食材を

鉄には、ヘム鉄・非ヘム鉄の2種類があります。

「貧血を防ぐには、ホウレン草、ひじき、プルーンなど非ヘム鉄を含む食材ではなく、ヘム鉄を摂ったほうがいいです。ヘム鉄のほうが非ヘム鉄よりも吸収がいいんですね」

非ヘム鉄の吸収率は2~5%であるのに対し、ヘム鉄の吸収率は15~25%なのです。

「ヘム鉄は牛の赤身、レバー、マグロ、カツオなどに含まれているので、そういったものから摂るといいですね」

効率的に鉄のサプリメントを摂る方法もありますが、ちゃんとしたものを選びましょう。真理先生は「もし摂る場合、ラベルをよく見て」とアドバイスします。

「中には“鉄もどき”のものもあります」

やはり基本は、常日ごろの食事ですね!

「普段から摂って備えておかないといけません」

鉄分を摂れるような、バランスの取れた食事を心がけましょう!

監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ
ライター:沢田聡子
参考サイト:伊奈病院 健康管理課 健康だより

RECOMMEND