Health & Beauty

飲む美容液!女子に“甘酒を食べる”手軽なレシピを紹介

2019/10/05

甘酒といえば冬、は誤解だった

冬のイメージが強い「甘酒」。実は夏の季語なんです。江戸時代には夏になると冷やした甘酒を暑気払いに飲む習慣があり、疲労回復や熱中症予防のための栄養ドリンクとして親しまれてきたそうです。つまり夏から秋にかけて、そしてもちろん冬にも春にも、甘酒は一年中、旬なのです!

また、季節に限らず、女子の間で「飲む美容液」と言われ、美肌効果があると話題なのが米麹の甘酒。とはいえ、飲むだけだと毎日同じ味だし、飽きちゃって続かないのでは…。そんなあなたに、ちょっと意外な甘酒の“食べ方”をご紹介します。

飲むだけじゃない!甘酒のおいしいレシピ

発酵×発酵!で最強の組み合わせ。「腸活甘酒ヨーグルト」を作ってみませんか?簡単だけど新しいおいしさです。


◇腸活甘酒ヨーグルト
【材料】
甘酒 100ml
プレーンヨーグルト 100g
バナナ 半分
キウイ 半分

【作り方】
1:バナナを1㎝の厚さにカット、キウイを角切りにする。

2:プレーンヨーグルトを皿に移し、その上に甘酒をかける。1のカットしたフルーツを飾れば完成。
(※写真で使用している甘酒は「美の糀」です)

「女子にしか飲ませたくない」がコンセプトの甘酒登場!

面倒くさがりな女子には、もともとアレンジしてある甘酒にチャレンジするのもあり!

今回ご紹介する「女子のおまもり ハーブティー甘酒」はアルコールゼロ。砂糖を使わなくても糖度が35 度以上ある米麹の甘酒に、2種類のテーマに沿って特別にブレンドし抽出したハーブティーを混ぜてあります。どちらにも角切りの生姜ダイス入りで、シャキシャキとした食感を楽しむことも。濃縮タイプなので水や牛乳で割って飲んでみてください。

「美の糀」は女性に特に人気が高く、「ビタミンの爆弾」(!)とも呼ばれるローズヒップをベースとした美ブレンド。「癒しの糀」は安眠・リラックスのハーブとしても有名なカモミールをメインとした癒しブレンド。これは女子だからこそ楽しみたい、肌の調子も気持ちも上げてくれそうなブレンド甘酒です。

◇女子のおまもりハーブティー甘酒 癒しの糀/美の糀
内容量:各 500ml
生産国:日本
販売価格:各 1,100 円(税抜)

https://ashitarunrun.com/products/detail.php?product_id=1185

 
実はこの甘酒、クラウドファンディングで目標支援金額を達成し、発売にこぎつけたもの。開発担当者(もちろん女子)の思いがこもっています。今後も女性を応援するさまざまなテーマで甘酒を開発予定。お楽しみに!

ライター:幸雅子

情報提供:株式会社あしたるんるんラボ https://ashitarunrun.co.jp/

RECOMMEND