Health & Beauty

バランスのいい暮らしできてる?健康のために整えたい5つの項目

2019/10/12

バランスのよい暮らし、できていますか?


体と心はつながっています。身体的にバランスのいい健康的な暮らしは、精神の健やかさともつながります。今のあなたの暮らしはいかがですか?

感情の起伏に振り回されないようになるために、心身ともに不安や負担のない暮らしをしたいものです。その目安が「睡眠」「食事」「排泄」「体重の管理」「適度な運動」の5項目。この5つが満足できる心地よい状態であれば、身体的なトラブルは回避でき、同時に精神的な不安定さも解消。さっそく、チェックしてみましょう。

1:ぐっすり寝ている?

時間、質ともによい睡眠は安定した心身の土台。成長ホルモンにとって一番いい22時から2時までの間は、ぐっすりと寝たいものです。

2:おいしく食べている?

心身の状態は食欲に反映されます。イライラしやすいと食欲は増し、気が沈むと食欲不振に。食事中は、怒りや不安を一度忘れましょう。

3:きちんと出している?

便秘や下痢を繰り返す人は、トラブル予備軍と考えましょう。生活習慣や食生活を見直して、問題があれば改善。その状態が続くようなら病院を受診しましょう。

4:体重をチェックしている?

体重の変動が激しい、やせすぎ、太りすぎは病気の引き金になります。

5:運動している?

運動をして筋肉を動かすと、血液やリンパの流れのサポートになります。運動不足は滞りの原因になります。

ぜひ毎日この5つを意識し、チェックしてみてください。

ライター:幸雅子
出典:『頭から体を癒す』
監修:森田真理/「ぎんざ鍼灸salon」オーナー。19歳でエステティシャンになり多くのクライアント、著名人を顧客に持つようになるが、激務がたたり30代で寝たきり生活になる。闘病中に鍼灸治療と出会い早稲田医療専門学校に入学。後に渡米し解剖学を修得。中医師につき東洋医学を徹底的に学び、36歳で鍼灸国家資格を取得。現在、銀座で、美容に特化したユニークな鍼灸治療法が、美を追求するクライアントから絶大な人気を誇っている。

RECOMMEND