Health & Beauty

きちんとケアできてる?ワキ、足に続く第三のニオイ「胸汗」

2019/11/10

ワキ、足に続く第三のニオイ「胸汗」

女性の「汗ケア」といえばワキと足だと思いますが、実は意外と汗をかくところがもう一つあります。それが「胸の谷間」。胸の汗は常に下着と密着しているので、蒸れてしまいニオイも気になります。でもケアしているかというと…? 何もしていない人のほうが多いのではないでしょうか。

汗をかくとニオイが気になるものですが、汗そのものは、もともとニオイが強いものではありません。汗が皮膚にある皮脂やアカなどと混ざると、細菌がニオイ物質を作り出します。そして汗の種類によってもニオイは変化。一気にどっとかく汗や、ストレスを感じている時にかく汗は、きついニオイに変化しやすいとか。

特に女性は、ブラジャーをしている関係もあり、汗が胸の間や下部にたまりやすいのです。胸の汗は鼻に近いので、その自分のニオイがストレスを呼び、さらに発汗につながることがあります。「ケアをしている安心感」を持つことが対策になりそうですね。

すぐできる胸汗対策

胸の汗対策は、すぐにできることばかりです。

1:ムレを抑えるために、通気性がよくベタつきの少ない素材の下着を身につける。

2:急に暑くなったりほてったりする時に対応できるよう、カーディガンなど温度調節がしやすい服装を選ぶ。

3:室温などをマメに調整する。

また、お出かけ前や洋服を着る前に簡単にできる、パウダーでのケアもオススメです。スポーツをする時やお風呂上がりにも使え、肌が敏感な人にも優しいので人気急上昇中。厚着になるこれからの季節も、意外に汗をかくもの。気持ちよく汗ケアをして、快適に乗り切りたいですね。

◇デオナチュレ さらさらデオドラントパウダー
内容量:15g
価格:1,706円(税別)

https://deonatulle.com/detail_sp.html#

エコでお得な詰め替え用もあるので、1年中ヘビロテOKです。

ライター:幸雅子

教えてくれた人:
五味常明先生 /五味クリニック院長。体臭・多汗研究所所長。1949年長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科、多摩病院精神科などを経て、「心療外科」という新しい医学分野を提唱。体臭・多汗治療の現場で実践。

高山かおる先生 /済生会川口総合病院皮膚科主任部長。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科皮膚科特任准教授も併任。山形大学医学部卒。専門は接触性皮膚炎、フットケア。日本皮膚科学会認定皮膚科 専門医。

情報提供:デオナチュレ https://deonatulle.com

RECOMMEND