Health & Beauty

むくみの根本解決!股関節の柔軟性を高めるための簡単ストレッチ

なぜ股関節が硬くなるの?

股関節は健康的な生活を続ける際に重要な場所ですが、「股関節が硬い」ことに悩んでいる女子も多いのではないでしょうか?そもそもなぜ股関節は硬くなりやすいのでしょうか?

その理由の一つ目は、そもそも人類は四足歩行だったため、二足歩行に移行した時に関節の不適合が生じたこと。二つ目は、現代はデスクワークが多く、股関節や周辺の筋肉を動かさなくなったから、と言われています。

むくみの原因はリンパ+血液の中の「水分」

気になるむくみは、体に必要な栄養分を細胞が吸収する時、染み出た老廃物や余分な水分がリンパ管や静脈に入ることで起きます。よく「リンパの流れが悪い」と表現されますが、実際は老廃物や水分のほとんどはリンパ菅より、隣接する血管(静脈)に多く入ると言われています。

股関節では、そけい靭帯の中の腸腰筋が凝ることで、静脈やリンパ管を圧迫します。そこでそけい部を伸ばすことで腸腰筋を伸ばし、脚を高く上げることで静脈の流れも改善し、むくみが改善されるのです。

今回は、腸腰筋など股関節まわりの筋肉の柔軟性を高めるポーズをご紹介します。

◇股関節の柔軟性を高める「カエルのポーズ」

1:床に両手両足をついた姿勢から、右ヒザとスネ、右ヒジをゆっくりと右に移動して体を開く。

2:ゆっくりと腰を下げ、胸を床に着ける。股関節まわりの靭帯や筋肉などがストレッチされる。

力で無理やり開かないように、呼吸とともにゆっくり、じんわり深めていってくださいね。

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.69/「股関節を上手に使えるようになる!」
監修:高村マサ/ヨガの解剖学.com代表。鍼灸マッサージ師。柔道整復師、インド政府公認ヨガ療法士、IYCアシュタンガヨガTT修了。骨盤ヨガ、経絡ヨガ、筋膜リリースヨガ考案者。ヨガ解剖学のプロとしての講座が人気。東京、大阪、福岡を中心に、全国で講座を開催。

RECOMMEND