Health & Beauty

「笑う門には福来る!」笑いでモテ力と免疫力アップ!

2020/03/28

笑って免疫力アップ!

あはは!と最近を大笑いした記憶はありますか?仕事と家の往復だけでは、声を出して笑うことってなかなかないかもしれませんね。もしかしたら、しかめっ面で仕事をして、周りの人が怖がっている…なんて可能性はありませんか?眉間に縦シワが刻まれ、口角が下がった表情の人よりも、ニコニコな笑顔の人には自然と人が集まってモテますよね。

笑うことは、心身の健康にいいと医学的にも効果が証明されています。理由の一つは、白血球の種類であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが促進されるから。ナチュラルキラー細胞とは、もともと体が持っている細胞で、体内に入ってきた細菌やウイルスに対して働いてくれる自然系免疫です。

笑うことで脳内の間脳が興奮し、情報伝達物質の神経ペプチドが刺激され活性化。神経ペプチドは、血液やリンパ液を通して全身に運ばれ、NK細胞と合体してその働きを促します。NK細胞はウイルスやがん細胞を壊す働きを高めてもくれるんです。

笑いを作ることで笑いが生まれてくる

笑うことで全身の筋肉がほぐれます。緊張が解け、血行が促進されます。呼吸も深くなるので、体の内側から熱くなります。さらに、幸福ホルモンと呼ばれるエンドルフィンの分泌が促され、それによってストレスが解消し、結果的に健康に導いてくれるのです。

最初はフェイクの笑いでも、そのうち気持ちが高揚してきて本当の笑いになって生きます。大勢でやるのもいいでしょう。脳はだまされやすいので、口角を上げているだけで笑っていると判断し、さまざまな機能を働かせるということもわかっています。日ごろから笑っていれば、健康的でありながらモテモテになるかも!?

ライター:安藤けいこ
出典:yogini vol.34 「内臓アプローチで免疫力アップ」
監修:降矢英成。東京医科大学卒業。LCC ストレス医学研究所心療内科、帯津三敬病院などを経て「溜池赤坂クリニック」を開設。日本心身医学会専門医。日本ホリスティック医学協会副会長。森林養成プログラムによる自然治癒力を高めていく活動も展開中。

RECOMMEND