Health & Beauty

ダメージを残さない!夏の終わりにこれだけはやっておきたい美肌ケア

どこまでも追いかけてくる強い日差し。あなたも、紫外線、浴びちゃっていませんか?危険なダメージからお肌を守るには、素早いケアが大切になります。秋冬に引きずらないためにも、お手入れ方法を今一度見直してみましょう。

今回は、夏のダメージを残さない美肌ケアを、人気ヘアメイクアップアーティストの成田幸代さんに教えていただきました!

なんといっても、『保湿』!

日焼けやクーラーなどの影響で、実は夏の肌は乾燥して硬くなっています。湿気や汗などであまり気になっていない人も多いかもしれませんが、夏の乾燥をそのまま放っておくのは危険。乾燥している肌は、ターンオーバーがうまくいかず、メラニンを残して、シミを作ってしまう原因になってしまいます。まずは、しっかりと『保湿』することで肌を軟らかくして、無駄なものをスムーズに排出できる環境を整えてあげましょう。

汗でベタベタするのが嫌という場合には、無理に乳液やクリームを使う必要はありません。なるべく保湿成分の高い化粧水を選んで、気持ちよく使えるものをセレクトしましょう。時間があればメイクの前に、コットンに保湿性の高い化粧水をたっぷり含ませて、気になるところを中心に1~2分パックをしてあげると◎。もちろん、夜にパックするのもOKです!が、化粧水パックは、長くやりすぎると逆効果になることも。1〜2分の短い時間がベストということをお忘れなく。

★メイクオフしたキレイな肌に美容液などを塗って、100円均一で売っているシリコンのマスクをつけてお風呂に入るケアもおすすめです!

★日焼けした後は、素肌に直接オイルを塗るのも効果的!ツッパリ感や痛みが和らぎ、軟らかい肌を素早く取り戻せますよ。

肌がダメージを受けている時はもちろん、普段からゴワゴワのタオルは絶対にNG!拭くのではなく、押さえるようにして、水分を吸収するようにするのがポイントです。やりすぎに注意しつつ、保湿だけはしっかり守れるように心がけましょう。

 

ライター:中村千春
取材協力:成田幸代/『Yogini』をはじめとした数々の雑誌、広告、ファッションショーで活躍するヘアメイクアップアーティスト。100%天然由来のスキンケア化粧品「伏水薫」のプロデュースを手がけ、多くの女性の支持を集めている。http://www.fumika-kyoto.com/

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE