Food

小麦色でも美肌を守るキーワードはACE!紫外線対策は食事から

2017/08/29

夏の最終コーナー。まだまだ紫外線は全開です。白肌を守り抜きたい美白派にとっても、こんがり焼きたい小麦色派にとっても、絶対に避けたいことは同じ。そう、日焼け後の肌トラブルです。毎日の食事にほんの少し気をつかって、賢く美肌を守る方法をお伝えしましょう。

日焼け後の美肌を守るエースのビタミン

日焼け後の肌トラブルに負けないために、ぜひ摂りたい栄養素はビタミンA・C・Eです。エースのビタミンと覚えてください。

●ビタミンAが入っている食べ物
植物性ならニンジンやカボチャ、動物性ならウナギやレバー。ニンジンやカボチャはたくさん食べても大丈夫ですが、ウナギやレバーは食べすぎると内臓に負担がかかるので気をつけて。

●ビタミンCが入っている食べ物
柑橘類やキウイなどのフルーツ、ブロッコリーやパプリカなどの野菜

●ビタミンEが入っている食べ物
ナッツ類やアボカド

エース(ACE)のビタミンを上手に体に摂り入れるには、一度にたくさん食べるのではなく、少しずつ分けて食べること。緑黄色野菜にナッツを散らしたサラダなどを、毎食食べられたらベストです。

もう一つ、美肌を守りたいなら、肌を作るタンパク質を一緒に摂ることも忘れないで!

日焼けから瞳を守るアントシアニン

日光は、目からも入ってきます。日焼け後は、目のケアをしてくれる食材も忘れないで。目に効くのは、ブルーベリーやナス、黒豆などに含まれているアントシアニンという色素。そう、この色が大事なのです。美肌と一緒に澄んだ瞳も守って、夏のメイクを楽しみたいですね!

 

ライター:棚澤明子
監修:川端理香/管理栄養士。プロサッカー選手、野球選手などアスリートの栄養指導の他、TVや雑誌でも活躍中。著作は『カラダの悩みは食べ方で99%解決する(ゴルフダイジェスト社)』、『子どもの身長を伸ばす栄養と食事(大泉書店)』他多数。
写真:istockphoto

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE