YOLO

Health & Beauty

「くるりんぱ」と「ねじねじ」で 簡単キュートな編み込み風

え、複雑! 実は簡単な上級テク

「くるりんぱ」と「ねじねじ」で、複雑な編み込み風も簡単!複雑な見た目よりも簡単に作れて、あなたもおしゃれ上級者。サイドがすっきりしているのに、ふわっとエレガントな印象で、クラスやオフィスでの注目度も高いはず!

 

〈用意する物〉

髪用のゴム大(約5㎝:太め)×1個
100均などでも売っているビニールゴム×2個(約2㎝:細:黒より茶色の方が目立たず使いやすい)

〈基本テク〉
◆初めに、髪全体を巻いておくと、より上品にできます。

1:両サイドの髪を、耳の手前くらいの位置で分けてたらし、毛束を3本に分けます。真ん中の一番ボリュームのある毛束を、耳の高さで髪ゴムで結び、ポニーテールにします。

2:ポニーテールの上の部分を、指でつまんでほぐしておきます(この後の「くるりんぱ」がやりやすくなります)。

3:ポニーテールをつけ根の上の部分の真ん中に、指で穴を空けて、毛先から差しこみ「くるりんぱ」します。

4:トップを指でつまんで“ふっくら感”を出しておきます。

5:両サイドの髪を、半分に分けて交互に交差させながら「ねじねじ」していきます。

6:「ねじねじ」の2個目以降の束を、指で少しつまみ、引っ張り出して“ルーズ感”を出します。片方できたら、ビニールゴムやダッカールでとめ、崩れないようにしておき、もう一方のサイドも同様に「ねじねじ」します。

7:両サイドの2本をまとめてビニールゴムで、一つにまとめます。下のポニーテールを「くるりんぱ」した上(Y字の上)の穴に、先端から差し込み通します。

8:ポニーテールの「くるりんぱ」した髪を、三つ編みします(「ねじねじ」でもOK)。2個目以降の毛束を、指でひっぱって“ルーズ感”を出します。

9:先端を、ビニールゴムで結んで、でき上がり。毛先は長めに残すほうが、かわいい。


 

 

編集:YUKO
モデル:橋本実佳 写真=樋口勇一郎
取材協力:成田幸代/『Yogini』をはじめとした数々の雑誌、広告、ファッションショーで活躍するヘアメイクアップアーティスト。100%天然由来のスキンケア化粧品「伏水薫」のプロデュースを手がけ、多くの女性の支持を集めている。
http://www.fumika-kyoto.com/

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE