Health & Beauty

前髪「ねじねじ」で、簡単ドレッド気分☆ スポーツにもぴったりのキュンキュンヘア

簡単ドレッドヘアの作り方

前髪を「ねじねじ」しただけなのに、ドレッドしたかのようなおしゃれな感じにできます。
気分もアクティブで元気になって、スポーツしたくなっちゃいますね。人気ヘアメイクアップアーティストの成田幸代さんに、簡単にできる“こなれ感”のあるヘアアレンジを教えてもらいました。

 

〈用意する物〉

髪ゴム(約5㎝:太め)×1個
100均などでも売っているビニールゴム×5個(約2㎝:細:黒より茶色の方が目立たず使いやすい)

〈基本テク〉
初めに、髪全体にワックスやヘアクリームをつけ、手ぐしで粗めにほぐしておきます。

1:髪をセンターパーツで分け、両サイドにおろします。中心の分け目のトップ、おでこの生え際、左右両サイドから始めます。3~4㎝角くらいの毛束をつまみ、10㎝くらいのところを、ビニールゴムでとめます。

2:結わいた毛束のゴムよりおでこ側の部分を指で半分に分け、毛元に指を入れて、顔のほうから後ろに向かって、毛先を通して「くるりんぱ」します。反対側も同様に作ります。

 

3:さらにその左右両サイドの前髪部分も、同様に「くるりんぱ」して、全部で4本の「くるりんぱ」を作ります。

 

4:両サイドの髪を少したらして、全体を耳の上くらいの高めの位置でポニーテールにまとめます。

5:「くるりんぱ」していない髪の部分(「くるりんぱ」の毛束の間の髪)を、指でつまんでボリュームをだします。

6:ポニーテールの毛束を半分に分け、左右交互に重ねながら「ねじねじ」します。先端をビニールゴムでとめます。毛束を指でつまみながら少し引っ張り出します。


7:ポニーテールの根元に時計周りにくるりと巻きつけます。

8:おだんごになるように、ビニールゴムで根元にとめます。

9:できあがり

〈ポイント〉
毛先は、少し出て動きがあるくらいの方が、ニュアンスがでてかわいい。

 

編集:YUKO
モデル:橋本実佳 写真=樋口勇一郎
取材協力:成田幸代/『Yogini』をはじめとした数々の雑誌、広告、ファッションショーで活躍するヘアメイクアップアーティスト。100%天然由来のスキンケア化粧品「伏水薫」のプロヂュースを手がけ、多くの女性の支持を集めている。
http://www.fumika-kyoto.com/

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE