Health & Beauty

知らない間におばさん顔?その老け顔は、ココが硬いせい。

顔のタルミは頭皮のセルフケア

冬の間にこわばっていた肩の力が抜け、暖かい気候で顔の表情もいつしか柔らかくなりますね。

顔の表情が穏やかになった=タレ目…。これって、もしかして顔のタルミかも?

目じりの笑いジワは幸せな証ですが、眉間のシワやほうれい線などの縦ジワは、なんだか不機嫌に思わせるものです。新年度になって新しい出会いも多い中、縦ジワの刻まれたかたい笑顔だと、「本心から笑っているのかな?」と近づきにくい印象まで与えてしまいます。

生活スタイルが表情を作り出す

自然な笑顔から作られたシワは、美しさのスパイスになりますが、疲れやストレスが引き起こすシワやタルミは、その人の生活スタイルの歪みを感じさせてしまいます。ピンッと張った肌、リフトアップされた頬、引き締まった小顔などで表情豊かな女性、憧れますね。

顔パックやコールドクリームでお肌をケアしても、シワやタルミに効果を感じない人は、頭の先から足の先までの皮膚を見直してみましょう。

実は頭皮の硬さが原因かも?

私達の体は、細胞や血液、内臓などが、一枚の皮膚という袋に覆われている状態のようなもの。顔の皮膚は、頭皮や首へ、そして肩、背中、腰へとつながっています。

例えば、髪をポニーテールのようにアップした場合、顔のシワやたるみが消え、目ジリも上がりますよね。頭皮から引き上げることを取り入れると、顔のタルミ問題が紐解けそうですね。

髪のアップに頼らずに、フェイスラインを上げるには、頭皮のコリをほぐして、柔らかく弾力のある皮膚と筋肉にするのがいいんです。肩コリがひどく、表情が暗い時は、頭皮がカチカチにかたまっている場合があります。目の下のタルミ、二重アゴ、重いまぶたも…。思い当たる節がありませんか?

頭皮の側頭部が固い場合:
ほうれい線が濃くなります(頬を支える筋力の低下)。眼精疲労、目のかすみなど、目の血流の悪化。

頭皮の頭頂部が固い場合:
血流の悪化による薄毛。額のシワ。

首の後頭部が固い場合:
肩コリ、二重アゴ、フェイスラインのもたつき。

頭皮が硬いだけでこんなに、いろいろ起こってしまうんて…。すぐに解消したいですよね!

頭皮をセルフケアでもみほぐす

頭全体の血流を促し、コリを取り除く、顔の皮膚に繋がっている首や肩、デコルテもほぐしましょう。

1:毎日、髪をしっかり櫛でブラッシングします。
ほどよい頭皮へのマッサージ効果とリラックスで、顔の周りの髪にツヤができて、顔の印象も明るくなります。

2:シャンプーの時に頭皮をセルフマッサージ。
額の生え際から頭頂部、後頭部へ向けて、ジグザグと両手の指の腹でほぐします。指先で骨を感じるほどの強さで行います。

3:鎖骨のリンパ節へ促します。
両手の指全体で髪をかき上げるように、そのまま指先を後頭部から鎖骨へと指を滑らせなぞります。顔のむくみの原因になるリンパ節の滞りをほぐします。

毎日すべてのセルフケアを行うのが難しい場合は、一日1カ所ずつ取り入れてみてください。大切なのは続けること、丁寧に自分の顔や頭を扱うと不思議と生活全般も変わっていきます。

鏡をみた時に、パッと明るい表情になっている自分に出会うってうれしいですよね。気がついた時に、気楽に肩の力を抜いてトライしてみてくださいね。

 

ライター:安藤けいこ
呼吸法ヨガセラピー実践、指導者。ヨガ歴17年、ヨガ指導歴12年。絵描き、元JSBA公認プロスノーボーダー。南米ペルーのセラピー施設でヨガ指導担当。2014年日本帰国。神奈川県逗子市在住

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE