Health & Beauty

お肌のエマージェンシーコールに すぐにするべきナチュラルケア

アロマの力で肌の調子を整える

寝不足で顔がボロボロ、日焼けで肌がカサカサ、冷房で体が冷えて顔色が冴えないなど、肌の調子がよくないから、何か応急処置を施したい!と、夏を前にして、お肌のエマージェンシーコール鳴らしたくなったら、アロマの力を借りましょう。

パッと明るい表情で気持ちでスッキリ過ごすには、肌の調子が整っているかどうかって、女子には重要項目ですものね。

温かくて甘酸っぱい香りがオススメ

炎症気味のお肌にはたっぷりクリームを塗ったり、ボロボロの乾燥した部分をはがしたくなったりと、アレコレ触りたくなりますが、それはかえってお肌のダメージを大きくする場合が…。

自分の持っている再生能力を信じて、自然治癒力を高めるように努めましょう。それには疲れを癒し、心も癒されるアロマの香りを取り入れて、まずは心身からリラックスです。

その日の体調や気持ちによって、選ぶアロマの香りの変化も感じながら、心地よい時間と深い呼吸とともに全身の血行を促します。

気温の変化の激しい春から梅雨の時期は、風邪を引きやすく体力が低下しやすいので、体を温めるアロマの精油選びをヒントに、自分の好みの香りをチョイスします。

ジンジャー、シナモン、バジル、ラベンダー、ローズ、ゼラニウムは、温かくて甘酸っぱい香りで、この時期の体調を整えやすい精油です。

日焼けしたお肌に「フェイシャルスチーム」

洗面器などに熱いお湯を入れ、お気に入りのアロマ精油を1〜3滴ほど入れます。お部屋全体にも香りが広がりますが、顔を中心にスチームするには、洗面器に顔を近づけ蒸気をカバーするように大きめのタオルなどを頭からかぶります。

時間はお好みで、蒸気が薄れてきたら終わりでよいでしょう。

注意:
・ゆっくりと鼻からアロマの香りを吸引しますが、上記が熱すぎる場合は注意します。
・アロマ精油を入れすぎると気分や体調が悪くなる場合があるので、適量にしましょう。
・ アロマ選びは、体質や妊娠中の方は使用を控える精油もあります。医師や専門医に相談しましょう。

とっておきの静かな時間を過ごす

フェイシャルスチームの時間は、スマホもTVも消して、静かな環境で香りと蒸気に集中する時間にしましょう。この際だからデジタルデトックスにする時間にするのもいいですね。

スチームを浴びながら呼吸に意識を向けることは、あわただしくすぎ去っていく日常の中に、瞑想的な時間を設けるキッカケになりますよね。

夜のお疲れの癒しタイムなら、フェイシャルスチームと同時に足湯も行うと全身ポカポカ血流がよくなります。同じく洗面器などにお湯を入れ、足首まで浸かるくらいの湯量にアロマ精油を1〜3滴入れるだけ。

気温差が激しい季節だからこそ、足も顔も温め、全身の血流を促します。イキイキとした表情とお肌で、明日からも健やかに過ごせますように。

 

ライター:安藤けいこ
呼吸法ヨガセラピー実践、指導者。ヨガ歴17年、ヨガ指導歴12年。絵描き、元JSBA公認プロスノーボーダー。南米ペルーのセラピー施設でヨガ指導担当。2014年日本帰国。神奈川県逗子市在住

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE