YOLO

Health & Beauty

暑さは自分で解消できる!このツボ3選

今年は夏が来るのが早そうですよねー。でも、ずっとエアコンをつけておくと、それだけでだるくなってしまったり、体の調整がなかなか難しいところ。そんな時こそ、自分自身のポテンシャルに頼りましょう。そこで今回は、“夏バテに効く”脚にある三つのツボをご紹介!

夏バテに効く”脚にある三つのツボ

◎湧泉(ゆうせん)
「湧泉」は、足の裏、指を曲げた時にできる「人」という窪みの中央にあるツボ。エネルギーが湧く泉という意味ついている通り、万病に効くといわれています。3秒間隔で、湧泉が温かくなるまで両手の親指で強めに押しましょう。蓄積された疲労がリセットされ、夏バテから来る、だるさにも効果的。

◎足三里(あしさんり)
ヒザから指4本分下、親指をすねに当てた時に小指が当たるところにあるツボ。押すと少し痛いですが、親指で少し強めに力を入れてゆっくり押し揉みます。しばらく押して揉んでいると、だんだん疲れが取れて、カラダが軽くなってくるのを感じられるでしょう。夏バテによる食欲不振や体力低下を回復させてくれる元気が出るツボで、疲れた時には必ず押しておきたい場所です。

◎三陰交(さんいんこう)
内くるぶしから指4本以上、骨のキワにあるツボで、押すとズーンという響きや凹みを感じられます。冷え性に効くツボとして知られ、むくみや生理不順など女性の悩みにも。温めることが大切なので、足湯やレッグウォーマーで包み込んであげるのもいいでしょう。手のひらで包んで温めるようにして押すとよりよく、そのカタチで親指に力を込めます。冷房でカラダが冷えた時に真っ先に押しましょう。

 

ライター:YOLO編集部

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE