YOLO

Health & Beauty

【美脚鍼灸師】食べすぎやストレス ツラい胃もたれと言えば、ツボ!

繊細な胃はすぐにつらさを教えてくれる

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生に、ツボ押しできれいになる方法を教えてもらうこの連載。第11回目は「胃もたれ」に効くツボです。

開放的なこの季節。友人と食事に出かけたり、ガーデンパーティ、お祭りなど、つい食べすぎ、飲みすぎなんてことが起こりがちですよね。そういう時って、胃が疲れたり、冷えすぎたりと、胃への負担は大きいんですよね。

また、暑さと仕事のイライラが重なってストレス過多になり、胃がキリキリ…なんてことも、起こる時期。そんな場合は、もったりと胃が重くなって、力が入らなくなりますよね。

胃は繊細は臓器なので、ツラいとすぐに教えてくれます。だから、胃痛の人は少なくないのですが、早めにケアできるのが有り難いところ。そして、ツラい胃の解消には、ツボがオススメ!このツボを知っておけば、かなり活躍してくれます。

胃に効く代表的なツボは二つ

 

食べすぎ、飲みすぎ、そしてストレスなど、胃がもたれているな〜という時、どこのツボを押すのがいいのでしょうか?真理先生、教えて下さい!

「中脘(ちゅうかん)というツボがあります。お腹の剣状突起(胸骨の一番下、みぞおちにある突き出た部分)と、おへそのちょうど真ん中あたりにある、胃のツボです。まさに胃の状態を改善するために、ダイレクトなツボです」

剣状突起を見つけられれば、中脘の位置もすぐにわかるはず。強く押すのがツラい時は、このあたりを温めるのでもOKです。

「それと有名なツボの一つに、足三里(あしさんり)もあります。疲れた時に押すといいと言われるツボですが、実はここも、すごく胃もたれや食べすぎに効くんです」

足三里は、すねにあるツボ。ヒザの皿と言われる丸い骨の外側のくぼみにあります。ヒザを立て、ヒザの皿の外側から指を4本分並べた下に位置します。右脚なら右手、左脚なら左手を輪にして、ヒザの皿に手のひらを添わせた時、中指が自然に当たる位置にあります。消化器系統の働きを助けるツボなので、下痢などにもいいでしょう。

辛いものの食べすぎに注意!

食べすぎは、お腹が空いているからではなくて、もの足りなさを感じてしまっているとか、“目がほしいと思ってしまう”から。だから腹八分目って難しいですよね…。

「胃に熱を持っていると食べすぎてしまうんです。だから、夏だからと言って、むやみに辛いものを食べることを避けたほうがいいんです。一緒にご飯も食べすぎちゃいますからね」

厳しい暑さで食欲が落ちた場合は、食欲増進のために辛いものが有効ですが、取りすぎると、ご飯も進みすぎるおそれが…。さまざまなところに影響する糖質が過多にならないためにも、辛いものは量を上手に調節したほうがよさそうです。

梅雨明けの暑さで疲れがちな胃。ツボ押しで養生して、元気に夏を過ごしましょう!

 

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE