YOLO

Fitness & Sports

【美脚鍼灸師】が伝授。アゴすっきり 小顔作りはツボの得意技!

アゴをシャープにするツボマッサージ

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生に、ツボ押しできれいになる方法を教えてもらうこの連載。第12回目は、「アゴまわりをすっきり」させるツボです。

真理先生が教えてくれるのは、アゴをシャープにするツボマッサージ。まずは、親指をアゴのラインに沿って、下から上へ動かしながら、3カ所を刺激していきます。

01. 舌禍腺(ぜっかせん)
最初のポイントは、下アゴの真ん中の下側、押すとだ液が出る【舌下腺】の部分。親指で圧迫して刺激します。

02. 大迎(だいげい)
2番目のポイントは、顔のむくみに効く【大迎】というツボ。01のポイントから、親指を左右へスライドさせていき、大迎の位置である下アゴの骨のくぼみを探し当てたら、親指で刺激します。注意深く探すと、本当に骨がそこだけ凹んでいるので、探しやすいはず!

03. 頬車(きょうしゃ)
3番目のポイントは、頬の腫れになどに効果がある【頬車】というツボ。大迎から耳の方向へ親指をスライドさせていくと、耳の下のアゴ骨のくぼみが見つかるはず。そこが頬車の位置。これも親指で刺激します。

アゴには、糖分過多が顕著に出る!

真理先生、アゴをすっきりさせるために、食事面で気をつけた方がいいことはありますか?

「二重アゴは、まさに糖化です。アゴは、糖分が多いと顕著に出ますよ」

真理先生によれば、二重アゴは「たるみ」。アゴの肉が伸びているということ。「むくみを放っておいて、たるんでしまうこともありますね」。顔のむくみは、やはり放っておかないほうがいいということですね…。

「そうですね、むくみを放っておくと、たるみや老廃物、シミになったりします」。

引き締まっていれば小顔に見える、重要パーツ・アゴ。ケアすることで、美人度アップしますよ!

 

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE