YOLO

Health & Beauty

【美脚鍼灸師】が伝授。醜いセルライトを 撃退するツボと食事

醜いセルライトを撃退!

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生に、ツボ押しできれいになる方法を教えてもらうこの連載。第13回目は、「セルライト解消法」です。いつの間にか生まれて消えにくい…やっかいなセルライト。その原因と対策は?

第2段階まではセルフケアが可能

セルライトとは、水分や老廃物がついて肥大した脂肪細胞を、繊維が包み込んでかたまったもの。

「血行不良によって間質液(細胞を取り巻く液体)が停滞すると、慢性的なむくみを生じ、セルライトが形成されます。これが第1段階。そのまま放置しておくと第2段階として、脂肪細胞を取り囲んでいる繊維がメッシュ状に増殖し、セルライトが肥大化します。 さらに放置すると、一部ほてりを感じる部分が生じてきます。これが第3段階。第4段階では脂肪、水分、繊維の巨大な蜂の巣状態のセルライトへ進行します」

「ツボ押しでセルライトを撃退できるのは、第1・2段階まで。第3段階以上になると、自己治癒は難しいのです。むくみを放っておくとセルライトができますから、常に血行をよくし、温めてあげることによってむくみを防げば、セルライトも予防できる」

セルライトに効くツボと内臓

むくみに気づいたら、マッサージしたり、お風呂で温めたりして対処しましょう。セルライトに効くツボはありますか?

「肝臓、腎臓、脾臓の経絡が交わる大事なツボ、三陰交(さんいんこう)ですね。むくみや冷え取りにもすごく効果があります」

内くるぶしから指4本分上のところにある三陰交。むくみに気づいた段階で押してあげると、効果的かもしれませんね。

セルライトの原因は食品添加物にあり

「食品添加物を多く摂っていると、セルライトになります」と真理先生。

「ふくよかな方でもきちんとしたものを食べていれば、きれいに太っているんですね。体にたるみがなく弾力があって、くびれもあり『それはそれでよし』とされる太り方なんです。そしてそういう方は、脂肪がついていても血行がいいため、セルライトにはなっていないですね」

セルライトは、添加物の多い食品や、ジャンクフードを摂っている人に多く見られるといいます。では、普段の食事にどんな食品を選べばいいのでしょうか?

「例えば肉であれば、なるべく食品添加物が少ない肉を選ぶ。コンビニなどで売っている安い肉には、ラベルを見るといっぱい添加物が書いてある。添加物を食べると体も冷えますし、分解されないのでたまります。老廃物が蓄積されることによってセルライトになりますね」

セルライトを予防するには、むくみへの早めの対処とツボ押しだけでなく、日ごろの食生活を改善する必要がありそうです。

 

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE