Health & Beauty

日焼けした時に。ナチュラルな方法で肌を癒すオススメの方法

今年の暑い夏、海やプールでの外遊びはもちろん、歩いているだけでもジリジリ日焼けしますよね。紫外線をたっぷり浴びた肌には大きなダメージが残ります。今回は、日焼け後の肌を癒すナチュラルなケア方法を紹介します。

ほてりを鎮めるやさしいパック

●コットンパック
日焼けしたその日、すぐに行いたいケア。化粧水をオーガニックコットンなどに浸して、顔の上にのせます。できればベッドの上などに横たわり、顔を上に向けた状態でのせるのがオススメ。

化粧水は、鎮静作用があるラベンダーウォーターやヘチマ水を使うのがグッド。長時間パックを行うと、水分が乾いてしまい、逆に肌を乾燥させてしまうので、3分くらいで終えます。パック後はオイルやクリームで保湿を。この時も、なるべくナチュラルなものを選ぶといい。

● クレイパック
天然のミネラルをたくさん含み、老廃物を取り除く作用のあるクレイは、日焼けによる炎症を鎮めてくれます。陶器やガラス製の入れ物に、水を入れ、そこにクレイを加え、パックを作ります。水分量はクレイに対して、2/3程度。クレイが水に馴染んだら、目や口のまわりは避けて、肌にのせていきます。完全に乾き切る前に水かぬるま湯で洗い流しましょう。その後は、化粧水とオイルで保湿を忘れずに。皮がむけたり、外傷がある時は使用しないでください。肌のくすみを取るのにもオススメなので、週に2回くらいのペースで使用するのがオススメです。

コットンパックだけでも、クレイパックだけの使用でも問題ありません。ただし、日焼けした肌を放置せず、早めの対処をしてくださいね。

日焼けが引き起こすシミ、シワ対策に

● オイル美容
「オイルはベタつくから」と特に夏に使用するのを嫌がる人も多いですが、日焼けによる炎症後の肌を乾燥から守ることが、シミやシワを防ぐのにとても効果的な方法。
夜は、洗顔後にオイルをつけてから、化粧水を使いましょう。朝も同様にオイル→化粧水という順番でスキンケアをし、その上からメイクをします。抗酸化作用の強いクランベリーやグレープシードオイルなどは、この時期、特にオススメ。できるだけ、ケミカルな成分が入っていないものを選びましょう。

●ビタミンCサプリ
質のいいビタミンCは日常的に取るのがオススメ。肌のくすみなどを取り除き、皮膚のコンディションをよくしてくれます。水溶性のビタミンCは、毎日体から失われてしまうので、サプリで摂取するのは効率的。なるべく高濃度のビタミンCを選ぶようにしてください。

ケアがシンプルすぎると、「これだけで大丈夫?」と不安になる人もいるかもしれません。しかし、オーガニックで、ケミカルなものが含まれていない化粧品を使用すると、肌本来の美しさや自然治癒力を引き出して、徐々に強い肌に生き返らせてくれます。自然の力を利用して、日焼けにも負けない美肌を手に入れましょうね。

 

参考文献:Training for woman vol.1「This is my favorite」
ライター:猪俣和泉

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE