YOLO

Fitness & Sports

シェイプアップも美肌もココで頑張れ!トレーニングの黄金期は○○○の後

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生に、ツボ押しできれいになる方法を教えてもらうこの連載。今回のテーマは、「トレーニングが利く時期」。トレーニングの効果が上がるのは、○○○の時期と法則があるのです!

トレーニング効果を上げる二つのホルモン

「生理が終わった後は“卵胞期”といって、エストロゲンが分泌する時期が約1週間続きます」と真理先生。

エストロゲンは、2種類ある女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)のうちの一つ。卵胞ホルモンとも呼ばれ、内臓脂肪を減らし、肌の張りを増し、髪の毛をつややかにし、骨や筋肉を増やし、血管を強くする働きを生み出します。つまりエストロゲンは、“美しくなれるホルモン”なのです。

それから、もう一つ卵胞期に活発に分泌されるホルモンがあります。「エストロゲンが出てくる時って、セロトニンも出やすくなるんです。セロトニンは、脳から分泌される、元気になれるホルモンです。“ワクワク”とか “ウキウキ”とかいう感じの、前向きな気持ちにしてくれます」。

最大のトレーニング効果を得られる卵胞期

「他の時期よりも、生理が終わった後のこの卵胞期にしっかりトレーニングしてあげたほうが、効果がたくさん出てきます。エストロゲンが分泌されているので、筋肉を増やすにはもってこい。この時期に筋トレをやると、やった分だけちゃんと効果が上がります。代謝が上がるためにダイエットにもいいので、体もしぼればしぼるほど効果が出ます。体調もいいし、脳からもセロトニンがたくさん分泌しているので、やる気も出てきます」。

しかし、この卵胞期は短いのです!

「調子がいい卵胞期って、1カ月のうち1週間だけなんです。女性にとって、お肌も気分も体調もよくなる黄金期ですね。週間天気予報に例えれば、一番気温がよく雨も降らない、ちょうどいい気候の日が卵胞期。1週間しかないこの時期にサボるのは、もったいないです!」

そうと聞いたら頑張るしかないですね。とにかく1週間頑張ってみる、というのなら、生理が終わった時から始めましょう。元気に、そして美しくなる生理後の1週間は、ぜひトレーニングに励みましょう!

 

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE