Health & Beauty

「寝る前に悪いことばっかり考えてしまう」時の5段階対処法

2018/10/27

【今日のご相談】
夜眠る前になると一日のことを思い出して、悪いほうに思考が行きます。どうしたらいいでしょうか。

 

【今日のお答え】

何よりも早く寝つける方法を知る

一日の最後に、その日を思い出して思考が悪いほうに行く。とてもツライですね。思考が悪いほうに行くというのは、例えば「あの場面でもっとこういう風にしていればよかったのに」、「あの時あの人がこう言ったのは、自分に対して悪意があったからなんじゃないか」というようなことを考えてしまうということでしょうか。その場面ではきちんと行動したつもりでも、後になって思い返すと違和感があるというのは、よくあることのように思います。こうした思考をしてしまうこと自体は、悪いことでも変なことでもないと思います。

しかし、一日の終わりはいい気持ちで眠りに就きたいものですし、マイナスなことを考えて眠るのは、やはりしんどいというのはよくわかります。そういう時は、きちんと早く寝るに限りますので、入眠に関する方法をいくつかお伝えしましょう。

□入浴する
シャワーですませず、浴槽に浸かって体を温めます。お風呂を出て数時間後に体温が下がった時に、体が入眠しやすい状態になります。

□リラックスできる香りを使う
アロマオイルをティッシュなどに染み込ませて、枕元に置いたりします。香りをうっすらと嗅ぐことで、リラックスして入眠しやすくなります。

他にも、ホットミルクなどの温かい飲み物や、アイマスクなどに効果があると言われていますね。こうしたものをうまく使って早めに寝て、切り替えて翌日を迎えるほうが、あれこれ悩むよりもいいと思います。

こんな風に考えて切り替えるStep5

とはいえ、もんもんと考えてしまう人もきっといると思います。悪いほうに思考が行ったら、以下のように考えてみてはどうでしょうか。
Step1
「~っていう風に今自分は思ってるんだな」
悪い思考が出てきたら、まず一度自分の中で、このひと言を言ってみてください。悪いように考えてしまっている自分を客観的に見るきっかけを作れます。

Step2
「~という風に考えてしまうのは、何でなんだっけ?」
心に何かひっかかることがあるから、悪いように考えてしまうのかもしれません。その原因を考えてみると、意外と根拠(原因)なく悩んでいる場合が多いです。

Step3
「~という風に思っているけれど、これってどういう不利益があるんだっけ?」
実際にどんな不利益があるのかを考えてみると、意外とそんなものはなく、大した問題ではないことがわかることが多いです。

Step4
「~という風に言われたけど、仕方ないよ。だって他人だもん」
他人の言動も思考も、こちら側の努力で変えることはできません。変えられないものをくよくよと悩んでも、解決することはありません。それならば、自分は自分、他人は他人と線を引いて、自分の責任ではどうしようもないことから手を離したほうが楽になります。

Step5
「~っていう風にできたら、きっといいことあるな」
悪い想像をしてしまうのは、いいことが起こってほしいという気持ちの裏返しです。なので、悪い想像を反面教師にして”どうしたらいいか”を考えてみる。その上で、それを次回の行動に生かせたらいいことがあるなと考えてみると前向きになれます。

人は時に根拠のないことで不安になったりしますが、根拠を探して考えてみると落ち着くことができるものですので、試してみてほしいと思います。

ライター:二宮誠 from 6483works
お話を聞いた人:柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。思春期若者世代の性の悩み相談が専門。「性」という表立って相談しづらいテーマを扱っている・気長く粘り強く人の相談を聴くなどいくつかの理由から、年代を超えた様々な人から様々な内容の悩み相談を受けている。ほかに、「両親学級」で講師をつとめるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動している。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE