Health & Beauty

本当!?コレを整えればヒップアップやくびれ作りが叶い、不眠、PMS、冷えまで解消?

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生、20代の頃にはボディビルの大会で準優勝するほど鍛えていましたが、今はヨガを楽しんでいます。女性ホルモン研究家でもある真理先生に、今回は女性ホルモンの調整がもたらす効果について聞きました。

女性ホルモンは全身を守っている

女性ホルモンの分泌は、ストレスなどの影響で崩れやすいと聞きますが、女性ホルモンの分泌を調整することで、どんな症状が解決するのでしょうか?真理先生、教えて下さい!

「解決する症状としては、PMS(月経前症候群)などの月経トラブルです。体形についても、バストアップやヒップアップを叶える、くびれを作るなどの効果があります。他にも、肩コリも改善されますし、冷え・のぼせ、頭痛もよくなります。あとは自律神経が整ってくるので、情緒不安や倦怠感、関節痛がよくなってきます」

幅広く影響。ただしストレスに弱い

「肌や粘膜の乾燥、にきびなどもよくなります。あとは不眠などの睡眠障害にも効果があります。便秘、下痢、頻尿や、動悸・息切れも、女性ホルモンが整うことで症状が取れていきます」

女性ホルモンは、体のあらゆるところに影響しているのです。

「ホルモンは目に見えないですけれど、体のあちこちを保護して守ってくれています。ただ、冷えとストレスには弱いですね」

大切なホルモンの働きをよくするため、体を冷やさないよう、またストレスをためないように気をつけたいですね。

三陰交を押して女性ホルモンを分泌

ツボ押しで女性ホルモンを調整することはできますか?

「有名なのは、“三陰交”(さんいんこう)ですね。場所は、内くるぶしから指4本分上のところにあります。これは女性ホルモンのツボ。生殖器や生殖機能など、ホルモン分泌に直接かかわります。ツボ押しをすることによって、生理痛や頭痛、食欲不振、不妊症、全身の倦怠感が改善されます。押すと、女性ホルモンの分泌を促したり、冷えを取ったり、婦人科全般のトラブルも取り去ってってくれる、有名な特効穴です」

健康維持には女性ホルモンの働きが欠かせません。何だか調子が悪いなと思ったら、三陰交を押してみてはいかがでしょうか?

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE