Health & Beauty

生理中きちんとデトックスするためには37度以上の温かいものを取り入れる

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生。女性ホルモン研究家でもあり、不妊や産前・産後ケア、生理トラブル、更年期障害といった女性特有の症状に特化して治療をしています。今回は、生理中の女性ホルモンはどうなっているのか聞きました。

生理中はデトックス期間

私達の体にいろいろな影響を与える女性ホルモン。生理中はどうなっているのでしょうか?

「生理中はエストロゲン(卵胞ホルモン)もプロゲステロン(黄体ホルモン)もともに分泌が弱く、少なくなっていますね」

「生理は経血の排出によって、体の中の悪いものを出すのに最適なタイミング。この時期はデトックスに特化したほうがいいのです。できるだけ血行をよくして、ため込んできた老廃物や毒素をしっかり出したいですね。キノコや海藻、キャベツのような食物繊維を含む食材を摂ってあげると、お腹もスッキリします」

生理中はデトックス期間と捉えて、体の中をきれいにするつもりで生活するといいようですね。

温かいものを取ってデトックスを促進

「冷たい飲み物を取るとデトックスしにくくなるので、温かい白湯がオススメです。体温より冷たいものを取ると、胃液や消化酵素が分泌しにくくなり、筋肉も硬くなります。内臓の体温は37度近くあるのですが、それよりも冷たいものは、体のすべての機能が低下・停滞し、消化不良になったり毒素をため込んだりするんです」

「そうならないために、“体温よりも温かくしたものを取る”のがとても大きなポイントになりますね。そうするとデトックスしやすい体になります。冷たいものを取ると消化不良になりますし、うっ血もするので、毒をため込む体になっちゃうんですよ。逆に温かいものを取れば、悪いものをすぐ排泄できる体になります」

「また、経血量が多い方や下腹部が重い方が運動を頑張りすぎると、症状がさらに悪化するので注意してほしいです。ゆっくり入浴するのもいいですし、生理3日目ぐらいからは骨盤がもう開いていますので、骨盤ヨガなど骨盤中心のエクササイズなどをするといいですね」

生理中は、体内の大掃除期間。悪いものをしっかり出し切りましょう!

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ。

RECOMMEND