Health & Beauty

いい睡眠を取るために寝る前に行いたい軽い動く瞑想

2019/05/07

睡眠の質が生活の質を決める

現代生活において、睡眠の重要性は増しています。そしてその質が大切だということは、今や誰でも知っています。しかし、睡眠に悩む人がまた多いのも事実です。

現代は、いろいろな刺激や情報にあふれています。常に脳が興奮している、交感神経が優位な状態ということもできます。そこから良質な眠りを得ようとするなら、副交感神経を優位な状態に持っていかなくてはなりません。

眠る直前に食事をしない、ゆっくりぬるめのお湯に浸かる、パソコンやスマートフォンなどを夜は見ないなどは、よく言われている対処法です。

その他の積極的な対処法として、瞑想がとても効果的です。

情報の8割は視覚から、と言われています。瞑想は目を閉じているから、その視覚情報をシャットアウトできるのです。また、呼吸に集中することにより、息が整い、気持ちが静まり安定します。

質のいい睡眠を得たい時の瞑想法

睡眠力アップのための瞑想①

1:横たわって、息を吸いながら両腕を頭の上に伸ばす。手のひらは天井に向けて、大きく伸びをする。同時に足先を天井に向け、カカトを押し出す。

2:全身が伸びるのを意識しながら数回呼吸したら、吐く息に合わせて力を抜き、両腕、両足、首を元に戻す。完全に脱力する。

睡眠力アップのための瞑想②

1:横たわって吐きながら、左のヒザを抱える。腕に少し力を入れて、太ももをお腹に近づける。右脚は伸ばしておく。5回呼吸する。

2:腕の力を抜き、左脚を腕の中から解放し、自然呼吸に合わせて床に下ろす。手は自然に体に沿わせるように戻す。

3:左脚を伸ばし、全身の力を抜く。呼吸を整え、今度は吐きながら右脚を抱え、5呼吸する。左脚と同じ要領で戻したら、再び両脚とも同じように行う。両方それぞれ1回ずつ。

ライター:幸雅子
出典:『ヨガのきほん』/「初めての瞑想ギモンだらけ!」
監修:キミ/1995年より瞑想を始める。ヨガと瞑想を探求。スタジオヨギー・インスティテュートにてヨガトレーニングコースの開発やディレクション、指導者育成にも情熱を注ぎ、ヨガの普及に努めている。

RECOMMEND